離人・現実感喪失症候群

心、メンタルヘルス

他人に自分が操られている?離人症性障害(離人・現実感喪失症候群)

離人症性障害とは、自分が自分の体から離れていくような感覚がある精神障害です。WHOによる診断名は「離人・現実感喪失症候群」となっています。20代またはそれより若いぐらいの人にかかる可能性があり、女性の方が男性と比べて2倍多いと言われています。
タイトルとURLをコピーしました