夏季うつ?夏に起こる季節性感情障害!夏に精神的な疲労がある方注意!

人生、生活

夏のうつ(夏季うつ)とは?

季節性感情障害」とはうつ病のタイプの1つで、ある季節の時期のみ、体がだるくなったり疲れたり、気の落ち込みなどの症状が出る気分障害で、夏の時期に現れるのを「夏季うつ」と呼ばれています。

軽い症状であれば日常生活に大きな支障がないが、放置していると症状が悪化する恐れがあり長期的なうつになる可能性もあります。

湿度が高いうえに、夏の温度が高い日本では体の負担が大きく、睡眠不足や食欲の低下、冷房病などを引き起こすケースがあります。体の疲労が蓄積されると、精神にも疲労が溜まっていきます。熱中症などは暑さからの体のサインで、「夏季うつ」は暑さからの精神のサインと言えるでしょう。

夏季うつ症状

夏バテと症状が似ていてよく間違われるケースがあります。

食欲が低下したり、睡眠不足、気の落ち込みなどが症状としてみられます。

夏バテとの違い

夏バテは夏の暑い気温と高い湿度により、体の症状に「夏バテ」、精神の症状に「夏季うつになります。

長期間、日光の下で過ごしたり、冷房の部屋にいすぎたりすることで、疲労が蓄積されて、夏季うつの原因となります。

予防法

  • 直射日光に当たりすぎない
    体の疲労が日光により疲労が溜まるので、直射日光は避けましょう。
  • 冷房の温度を低くしすぎない
    低くし過ぎないことも重要なのですが、冷房を我慢しすぎるのもやめましょう。
  • しっかり3食とる
    夏なのでそう麺などの食べやすい物ばかり食べてしまいますが、栄養の偏りに注意し、バランスよく食事を3食とりましょう。
  • 夜更かしをしない
    寝る前のスマホ、寝る前の食事は夜更かしに繋がったりするのでやめましょう。

うつになってしまった場合の解決策

休みを取る

うつ病には責任感がある人や、真面目な人が陥る事が多く、そのような人は仕事を休むと他人に迷惑をかけてしまうのではないかと思い、休みを取らない傾向にあります。

しかし、うつ病は酷くなると長期の治療のための休職や、退職になる可能性もあるので、そうなる前にしっかりと休みを取るようにしましょう

休む時はゆっくり自分がリラックスできる環境で休みましょう。

日の光を浴びる

人は日光を浴びないと体内時計が狂ってしまいます

体内時計は人によって個人差があり23〜25時間になっています。1日24時間なので自分の体内時間と現在の時間を毎朝リセットさせる必要があります。

人は朝起きて日光に浴びることにより、1日の体内時計をリセットしています

夏の場合は浴びすぎには注意しましょう。

スケジュールの調整

うつ病の方にはスケジュールがびっしり詰まっている方がいてます。
イメージ出来ると思いますが、スケジュールに追われるとストレスが溜まっていきます

一度、自分のスケジュールを見直してみて、少しリラックス時間を作りましょう。

音楽を聴く

音楽にはリラックスの効果があります

ジャズやクラシックなどのメロディーだけの音楽は、普段理論的な思考をする左脳を休めながら、右脳を刺激するためリラックス効果があります。

生活リズムの改善

朝、昼、晩の3食の食事と睡眠を規則正しくすることはうつ病の予防や改善には必須です。

晩御飯を遅く食べてしまうと睡眠に影響があるかもしれないので、寝る直前に食べるのは控えましょう。

睡眠は6〜7時間を目安にして、寝すぎるのも良くないです。

食生活

睡眠を促す「セロトニン」が不足しているのもうつ病の原因と言われています

「セロトニン」は体内で生成する事が出来ず、食事でしか取る事が出来ません。肉や魚、乳製品や豆類などの必須アミノ酸「トリプトファン」から生成されます

毎日3食の食事をし、上記の食事を食べるようにしましょう。

病院に行く

自分で対処するのはすごく難しいと思います。自分で対処できない時は他者からの力を借りましょう

症状がひどい場合には、カウンセリングや病院に行って医師に相談しましょう

うつ病の人への対応

安心できる環境を作る

まずはうつ病の人をゆっくり休ませる事が大切です。本人のペースで身体共にリラックスさせましょう。

言葉や気遣いで、本人に安心感を与えてください。

家族の方などは、リラックスできる家庭環境を作ってあげましょう。

うつ病の方は敏感に反応するので不自然になるような気遣いは返って本人の悩みが悪化してしまう恐れがあるため、今までと同じように接してあげる事が大切になります。

うつ病の友達との接し方

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました