冬の寒さで肩こり!?なぜ冬に肩こり?原因、予防、解消法

体、身体、健康

冬の肩こり

寒くなる冬の時期は「肩こり」が酷くなります。

冬になると「肩こり」を感じる人は多くなるのではないでしょうか?

なぜ冬の寒さが原因で「肩こり」になるのでしょうか?

冬の「肩こり」の原因

姿勢

寒いと身体が縮こまり、首や肩に力が入る姿勢になります。

この姿勢が原因で筋肉が過剰に緊張してしまい、血流を圧縮する事が原因で「肩こり」になります。

服装

冬は気温が寒い事から、どうしても厚着になり、ニット、ジャケット、コートなどが肩などに負担をかけやすくなります。

肩の負担が原因で「肩こり」になります。

運動不足

冬の寒さにより外出しない人が多くなります。その事が原因で運動不足になり、血流が悪くなります。

血流が悪くなると「肩こり」の原因になります。

ストレス

寒さが原因で幸せホルモンの「セロトニン」や、やる気を出す「ドーパミン」が分泌量が少なくなり、ストレスを感じやすくなります。

ストレスを感じると自律神経の交感神経が優位になり緊張状態になります。そして血管が縮む事で血流が悪化し「肩こりになります。

肩こりの予防

お風呂

身体を温めると、血管が広がり血流が良くなります。

血流の改善は「肩コリ」をほぐしてくれます。

背中のストレッチ

肩の筋肉を動かす事で、凝り固まった筋肉をほぐす事ができます。

筋肉をほぐすと血流が良くなり、コリを解消できます。

寒くなると前かがみに縮こまりがちで、背中の筋肉が伸びて血流が低下しているので、背中を反るようなストレッチをしましょう。

睡眠

コリの原因の一つは「自律神経の乱れ」からきているので、睡眠で自律神経のバランスを整える事ができます。

良質な睡眠をとりましょう。

姿勢を正す

特にオフィスワークの人になるのですが、同じ姿勢を続けたり、パソコンを打つ時の前かがみの姿勢などは、肩こりの原因になります。

時々、首をまわしたり、肩をまわしたりして筋肉をほぐしましょう。

目を休ませる

目の疲労は肩こりの原因になるので、時々目を休ませる事が大切です。

  • 目薬をさす
  • 目を瞑る
  • こめかみをマッサージ
  • 遠くを見る

などが目の疲れを癒してくれます。

肩こりの解消法

カルシウムをとる

肩こりは「カルシウムが不足」が原因の可能性があります。

牛乳などでカルシウム不足を回避しましょう。

クエン酸をとる

肩こりの疲労物質となる「乳酸」を分解してくれます。

レモンなどの柑橘系でクエン酸をとる事ができます。

ビタミンをとる

疲れを解消するビタミンBと結構を良くするビタミンEをとる事はコリの解消につながります。

ビタミンB

  • 豚肉
  • 大豆
  • さんま
  • バナナ
  • レバー
  • あさり

ビタミンE

  • アーモンド
  • うなぎ
  • たらこ
  • かぼちゃ
  • アボカド

マッサージ

凝り固まった筋肉をマッサージする事で血流をよくでき、肩こりの解消につながります。

メガネ、コンタクトの度を合わせる

度が合わないと目の疲れに繋がるので、しっかりと今の自分の目に合わせてメガネやコンタクトの度を合わせましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました