SNSが疲れると感じているあなたへ!理由、症状、対策とは?

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達人生、生活

SNS疲れとは?

ソーシャルネットワーキングサービスやメッセンジャーアプリなどでコミュニケーションが原因で気疲れすることを『SNS疲れ』と言います。

  • LINE
  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Facebook(フェイスブック)

などのアプリを利用している人は多いのではないでしょうか?

LINEなどは連絡手段としては必須の時代になってきましたが、LINEでもついつい既読が気になったり、既読スルーに敏感になったりします。

また、インスタグラムでは「インスタ映え」する投稿のために自分を演じるのも限界になったりします。

そんなことに疲れを感じてはいませんか?

実はSNS疲れは女性の方が多く、共感」を大切にしているのが理由ではないかと考えられています。

またこのような性格はSNS疲れを引き起こしやすいです。

  • 共感を求める(する)
  • 人が何をしているか気になる
  • 周りを気にする
  • コミュニティーに属していないと安心できない

SNS疲れの7つの症状」「SNS疲れの6つの理由」「SNS疲れの6つの対処法」をわかりやすく紹介します。

SNS疲れの症状

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達

  1. フォロワーの数を他の人と比較する
  2. 映える写真や投稿が増える
  3. 友達の投稿に羨ましく思う
  4. 友達が自分の事を何と言っているか気になる
  5. 投稿を続けるのが辛くなってくる
  6. SNSを常にチェックしている
  7. 「いいね」をつける事に義務感を感じる

フォロワーの数を他の人と比較する

フォロワーの数が友達の多さを示していると考える人は多いのではないでしょうか?

SNSを始めた当初はフォロワーが増えていく度に嬉しくなります。

しかし、他の人のフォロワーの数を見ると、「自分の方が友達が少ない」と感じて嫌になる事も多いのではないでしょうか?

映える写真や投稿が増える

SNSでは本来、自分の生活や考えをありのままに伝える事をしていました。

しかし、「インスタ映え」という言葉があるように、友達の興味を引きそうな写真や言葉を投稿していませんか?

生きていると幸せな出来事もあったり不幸の出来事もありますが、不幸な出来事は隠して、幸せな出来事だけをSNSに投稿している人は多いと思います。

友達の投稿に羨ましく思う

SNSを開くと友達の投稿が沢山書き込まれています。

その中には羨ましくなるような友達の書き込みも多くあります。

例えば、彼氏との写真、結婚式の写真、子供の写真、旅行の写真などと羨ましくなる内容ばかり、、、

このような友達の投稿を見ている羨ましくなります。

友達が自分の事を何と言っているか気になる

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達

リアルな友達もあなたのSNSのフォロワーにはいます。

そんな友達とどこかに出かけた後に投稿する書き込みが気になることはありませんか?

友達の投稿が気になりすぎるのは要注意です。

投稿を続けるのが辛くなってくる

SNSを頻繁に使っている人は、大きく分けると「投稿をするタイプ」と「投稿をみるタイプ」に分かれます。

「投稿をするタイプ」の人はフォロワーに「受ける投稿」をしなくてはならないというプレッシャーに毎回襲われます。

そして投稿後の反応も気にしないといけないので、投稿を続けることが辛くなってきます。

SNSを常にチェックしている

SNS疲れがある人はSNSが生活の一部になっています。

通知、DM、投稿などと無意識に一日中SNSをチェックしてしまう事が多いのではないでしょうか?

知らず知らずにSNSをチェックしている場合はSNS疲れの可能性があります。

「いいね」をつける事に義務感を感じる

特にリアルな友達の投稿に対して「いいね」と思っていなくても、「友達だから」「知り合いだから」などの理由で「いいね」をしてしまいます。

SNSを開いて、「いいね」を押しながら内容もあまり見ないで下にスクロールしていたら要注意です。

SNS疲れの理由

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達

  1. SNS上での人間関係
  2. 他の人と自分を比較してしまう
  3. 『いいね』が気になる
  4. いろんな情報がある
  5. ずっと見てしまう
  6. 批判が怖い

SNS上での人間関係

SNS上ではリアルな人間関係だけではありません。

リアルではない分、人間関係が難しい場合もあります。

「どこまで話を続けたらいいのか」「難癖をつけられたり」「批判されたり」など、いろいろなとことでトラブルにつながります。

他の人と自分を比較してしまう

SNSを開くと友人の写真や投稿が目に入ります。

友人の結婚や出産などの投稿を見ると今の自分と比較してしまい、落ち込んでしまうこともあります。

人は自分の「幸せ」は他人と比較する癖があります。隣の芝は青い』などという言葉もありますね。

いくら自分が良いものを持っていても、他の人がそれより良いものを持っていると、手に入れた当初は幸せだったのに、他の人を羨ましく思います。

このように自分と他人を比較してしまい、気疲れしてしまいます。

『いいね』が気になる

「いいね」が気になるのはSNSをしている人ならわかるのではないでしょうか?

自分が投稿した後、「いいね」の数が気になって何度も確認したり、「いいね」をもらうために何を投稿しようか、、などと考えて気疲れした経験はありませんか?

また、友達の投稿などで「馴れ合いいいね」をつけていたりしませんか?

「いいね」しとかないとその人から裏で悪口を言われそうなどと思い気疲れになっていることも。

Instagramが「いいね」を無くしたのも『ユーザーが「いいね」数に注目するのではなく、コンテンツそのものに注目して欲しい。』という思いがあるからでした。

いろんな情報がある

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達

SNSはいろんな人が投稿していて、いろんな人が見ています。

いろんな情報が飛び交っており、一つの話題でも色々な意見があります。

また、その中で怒っていたり、喧嘩になったりとそんな内容を見ているだけで苦しくなります。

また、いろんな人が投稿するので、自分のいらない情報が流れてきます。そして、ネガティブな投稿も目に入ってきます。

このような投稿はうんざりしてしまいます。

ずっと見てしまう

見ようと思えばずっと見れるような底なしの情報量がSNSにはあります。

また、コメントやDMのやりとりなどもしないといけなかったりします。

出退勤時間の電車の中、お昼休憩、寝る前のベッドで無意識にSNSを開いてませんか?もう、歯磨きをする感覚で、「SNSを見る」という行為が染み付いてしまってます。

1日中SNSに時間を費やすことが疲れになります。

批判が怖い

自分の投稿は他の人にすぐに伝わります。

メリットでもあるのですがデメリットでもあります。

自分の投稿が他人に与える影響は賛否両論です。賛成もあれば否定・批判もあります。

自分が投稿した後に「否定や批判はされないだろうか」と心配になったりしてしまうことがSNS疲れになります。

SNS疲れの対策

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達

  1. 全てのコメントやDMに返信しない
  2. SNSの友達は現実世界の友達と思わない
  3. 「いいね」や「フォロワー」の数を気にしない
  4. 通知をオフにする
  5. 趣味を作る
  6. SNSを消去する

全てのコメントやDMに返信しない

賛否両論のコメントがきて、いろいろなコメントがきます。

一人一人に返信を考えて返す必要はありません。

無理に返そうとしてSNS疲れになるぐらいなら、返さない方が良いでしょう。

SNSの友達は現実世界の友達と思わない

リアルな友達もいるとは思いますが、SNS上だけでしか絡んだことがない人はいると思います。

SNSの友達はネットだけだと割り切る必要がある時もあります。

そう思うと、SNSの友達との関係も楽になります。

「いいね」や「フォロワー」の数を気にしない

「いいね」や「フォロワー」の数はついつい気にしてしまいます。

最初の方は「いいね」や「フォロワー」の数を増やすのは楽しかったと思います。

しかし、ある程度の「いいね」や「フォロワー」がいて、これらの数を増やすためだけにSNSをしている状態なら、気にしない方がいいです。

通知をオフにする

SNS,疲れる,SNS疲れ,人間関係,自慢,繋がり,理由,友達

SNSを見てしまう理由の中には「友達が投稿しました」「コメントがあります」「メッセージが届いています」などの通知が来ることがあります。

通知を設定で変更することができるので、設定を変更して、SNSを見る要素を減らしましょう。

SNSとの距離を置くことで、友達の投稿を気にしたり、自分の投稿の反応を気にしたりする回数が減るので、SNS疲れが軽減されます。

趣味を作る

SNSに使っていた時間を趣味を作ってそれに時間を使ってみましょう。

結局、時間が余ってしまうとSNSを見てしまいます。

昔やっていた趣味をやるのもいいですし、新しい趣味を見つけに行くののもいいです。

あなたがハマる趣味は意外とみじかにあったりします。

SNSを消去する

どうしてもSNS疲れの対処法ができない場合は、消去しましょう。

「今まで築いてきなものが、、」と感じることがあると思いますが思い切って消去することは大切です。

SNSは単なるコミュニケーションアプリなので、それが原因で精神的に疲れているのであれば、消去した方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました