買い物依存症(ネットショッピング依存症)のチェック!症状、原因、対処、治療

心、メンタルヘルス

買い物依存症とは?

買い物依存症とは、自分の必要でない物まで過剰に買い物をしてしまうことです。

今の時代は、ショッピングモールに行くだけではなくネットショッピングも出来る時代なので行く手間も無くて物を買えます。

また、クレジットカードで支払いをしていると、お金を使った感覚がなくついつい買い過ぎてしまいます。

女性は男性よりもネットショッピング依存症になりやすく、男性はギャンブル依存症になりやすいです。

依存症のタイプ

物質の依存

物質に対して量や回数をコントロール出来ない程依存してしまう事です。

アルコール依存症薬物依存症ニコチン依存症などです。

行為に対する依存症

特定の行為やプロセスに対して依存してしまう事です。

買い物依存症ギャンブル依存症ネット依存症なすです。

人間関係に対する依存症(共依存)

特定の人間関係に対して依存してしまう事です。

恋愛依存友人に対する依存などです。

買い物依存症の症状

  • 不安やストレスを感じると衝動買いをしてしまう
  • 自分にとって必要ないものでも買ってしまう
  • 物を買うことが好き
  • お金が無くて借金してでも買い物をしてしまう
  • クレジットカードの残高を考えずに買い物をしてしまう
  • 買ったもので使わないものがある
  • 買い物をした後、後悔する
  • まとめてたくさんの物を購入してしまう
  • 質の良いものを安く購入できることが嬉しいと思う
  • 買い物の事を考えていることが多い
  • 人が持っている物を自分も欲しくなる
  • ある商品のすべての種類、タイプを揃えたいと思う

買い物依存症の原因

ストレス要因

ストレスで衝動買いをしてしまう人は多いのではないでしょうか?

仕事場でのストレスの原因は「人間関係」が一番多く、上司や同僚などとの対人関係が問題としてあげられます。

主婦がストレスの発散としてパチンコ依存になる人がいてます。

ネットショッピングの普及

Amazonや楽天などは誰もが使ったことがあると思いますが、これらの普及により、ショッピングが気軽になりました。

この気軽さが原因で買い物依存症になります。

クレジットカード、キャッシング

クレジットカードやキャッシングは手元にお金がなくても買い物ができるため便利では有りますが、簡単に高額な商品を購入できます。

買い物依存症の対処法

買う前に必要かどうか検討する

その場で衝動買いをしないで、しっかりと必要かどうか検討しましょう。

購入した後に本当に使う物かどうかや、家に同じような物がないかをチェックしましょう。

家計簿を付ける

家計簿を付けて、毎月どのぐらい使っているかを把握するのが大切です。家計簿を付ける事で使い過ぎや要らない物にどれだけ使っているかわかります。

家計簿のスマホアプリもあるので活用しましょう。

クレジットカードを使わない

クレジットカードは手元にお金が無くても高額な物を購入できるので、持たない事をお勧めします。一番良いのはクレジットカードを解約する事です。

使える金額だけ現金にしておけば、使い過ぎになりません。

お金を貯める

少しで良いのでお金を貯める癖を付けましょう。

「お金を使い切らない」方法を身につけておれば、使い過ぎも無くなってきます。

定期預金を利用することもお勧めで、貯金したお金を一定期間引き落とせなくなるのでこのシステムを使うこともできます。

買い物以外でストレスを発散する

買い物依存症の人は「買い物をする事」がストレスの発散になっているので、他の趣味を見つけるなどをして、ストレスの発散方法を変えましょう。

ネットショップを見ない

買い物依存症の人はネットショッピングを見るのが癖づいています。

見てしまうと買いたい衝動に駆られるので、衝動が起きないようにネットショッピングを見ないようにしましょう。

買い物依存症の治療法

自分自身で買い物依存症を治せない方は、専門の医療機関で治療を受けましょう。

精神的な問題が原因となっている事が多い為、「精神科」や「心療内科」の医療機関に相談しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました