高齢者のうつ病?(老人性うつ)認知症と思ってませんか?実はうつ病かも!

心、メンタルヘルス

高齢者のうつとは

若い人がかかるうつ病とはまた違っています。

65歳以上の高齢の方が陥るうつ病のことを「老人性うつ」と呼びます。やる気がなくなったり、思考力の低下、喜べないなどの症状が見られます。認知症の初期にも似たような症状があり間違えられることもあります。

うつ病は長引くと悪化するので早期に治療をすれば治る可能性が高いですが、老人性うつと認知症の見分けがわかりにくいので治療を怠り悪化してしまうケースがあります。

高齢の方はうつ病にかかりやすいと言われています。原因は高齢になるにつれて身体的な機能の低下により、やる気の低下や環境の変化、病気にかかりやすいなどから老人性うつが発症します。

血圧降下薬や抗がん剤などの薬がうつ病を誘発する事があります。

また、同年代の人が亡くなっていくことにより、自分は若くないと思ってうつ病に陥りやすくなります。

うつ病と認知症の違い

認知症で病院に訪れる患者の5人に1人は、うつ病性障害であると言われています。

認知症の症状ではうつ病特有の「憂うつ」がそれほどありません。そして認知症と違い、うつ病の場合物忘れの自覚があります。

認知症と老人性うつは同じようにやる気がなくなりますが、認知症の場合だとただぼーっと過ごしていて、老人性うつと違って「悲しい」などの感覚に陥ることはありません。

老人性うつ病は酷くなると、自殺に至るケースもあります。食欲が亡くなったり、寝れなくなったりもします。

認知症の多くは徐々に進行していくもので、周囲には気づかれにくいです。

高齢者のうつ病の症状

老人性うつの場合、精神的症状の憂うつな気分などより、身体的な症状の頭痛、腰痛などが目立ちます。

この症状は気からもたらされる事が原因の可能性があり、実際に身体のどこかが悪いわけではありません。大げさになっているケースがあります。そして、他の年代のうつ病の人と比較して自殺率が高くなっています。

  • 疲れから寝ている状態が多い
  • 家からあまりでない
  • 物事に対する興味がなくなる
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 手足のしびれ
  • 耳鳴り
  • めまい、ふらつき など、、

うつ病の対処法

早めに専門医の診察を受けることをお勧めします

自分自身でもうつ病に対処できるので紹介します。

日の光を浴びる

人は日光を浴びないと体内時計が狂ってしまいます

体内時計は人によって個人差があり23〜25時間になっています。1日24時間なので自分の体内時間と現在の時間を毎朝リセットさせる必要があります。

人は朝起きて日光に浴びることにより、1日の体内時計をリセットしています

生活リズムの改善

朝、昼、晩の3食の食事と睡眠を規則正しくすることはうつ病の予防や改善には必須です。

晩御飯を遅く食べてしまうと睡眠に影響があるかもしれないので、寝る直前に食べるのは控えましょう。

睡眠は6〜7時間を目安にして、寝すぎるのも良くないです。

食生活

睡眠を促す「セロトニン」が不足しているのもうつ病の原因と言われています

「セロトニン」は体内で生成する事が出来ず、食事でしか取る事が出来ません。肉や魚、乳製品や豆類などの必須アミノ酸「トリプトファン」から生成されます

毎日3食の食事をし、上記の食事を食べるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました