「のぞき」が辞めれない?窃視障害の可能性があります!

窃視障害心、メンタルヘルス

窃視障害とは?

窃視障害とはパラフィリアの一種で、他人の裸体や服を脱いでいるところ、性行為などをしている人を見ることによって性的興奮を得ることが特徴の病気です。

同意のない相手や他者から全く気付かれていないというのが性的興奮を高める条件でもあります。窃視障害の人は性的興奮対象の他人とは接触を求めません。

青年期または成人期早期に窃視障害の症状が出てきます。男性では12%、女性では4%に窃視障害にかかっている可能性があると推定されます。

異常な性的興奮?パラフィリア障害(性的倒錯)とは?
パラフィリア障害とは、性的興奮に偏りがある状態です。その性的興奮による衝動や行動により社会または自分自身の生活に支障が出ていることが特徴です。パラフィリア障害は「性的倒錯」、「性的嗜好障害」、「性嗜好異常」などとも呼ばれています。

窃視障害の症状

窃視障害,症状

  • のぞき見をする(繰り返す)
  • のぞき見しているスリルがたまらない
  • 警戒していない人の裸に対して性的興奮を得る
  • 警戒していない人が衣類を脱いでいることに性的興奮を得る
  • 他人の性行為を見ることに性的興奮を覚える
  • 他人を盗撮する
  • 自分の盗撮した動画を見ながら自慰する
  • のぞき見しながら自慰する

偶然、服を着替えているところを見てしまい、そのまま見続けても窃視障害としては認められません。しかし、その「のぞき見」からその行為を繰り返してしまい窃視障害に陥る可能性があります。

また、アダルトビデオなどの性的な動画や画像で性的興奮する事は『のぞき見』をしていないので窃視障害にはなりません。

窃視障害の原因

窃視障害,原因

環境要因

女性に対する苦い経験やコンプレックス、幼い頃に厳しいしつけや出来事などの過去のトラウマなどが原因になると考えられています。

ストレス

職場や日常生活での過度なストレスなども窃視障害の原因と考えられています。

窃視障害の治療

窃視障害,治療

窃視障害には「精神療法」や「薬物療法」などがあります。

精神療法

代表的な精神療法は「認知行動療法」になります。

  • 認知行動療法
    自身の認知のバランスをとりストレスにうまく対応できる精神をつくっていきます。誤った認知を、より良い方向に修正していきます。

薬物療法

SSRI」や「抗アンドロゲン剤」などの薬を使用します。

  • SSRI
    抗うつ薬としても使われるのがSSRIで、窃視障害の時も使われています。脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。しかし効果が出るまでに数週間かかります。
  • 抗アンドロゲン剤
    テストステロンと呼ばれる男性ホルモンのを抑え、性的な感情などを抑制します。抗アンドロゲン剤を投与された露出障害の犯罪率が減るなどの結果も出ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました