発達障害とうつ病の関係性と接し方

心、メンタルヘルス

発達障害とは?

発達障害とは、脳の発達が普通の人と違っていてかたよって起こる障害です。発達障害は外見からはわかりにくく、その症状は人それぞれです。

発達障害は様々な特徴を持ってる人がいます。大きく分けて3つのタイプに分類されます。

自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群(ASD)

自閉スペクトラム症とは、社会的なコミュニケーションや対人関係がうまくいかない、興味や行動が偏るといった特徴があります。

親の子育ての問題ではなく、感情や認知の部分に関する脳の異常が原因だと考えられています。

ADHD(注意欠如・多動症)

ADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)、日本語で「注意欠如・多動症」と言われます。自分で自分のコントーロールが難しく、それが行動面の問題となって現れる障害です。

特徴は3つあります。

  1. 気が散りやすい、集中力が続かない、すぐ忘れる
  2. 落ち着きがない、じっとしていられない
  3. 考える前に行動してしまう、思いついた事はすぐしてしまう

学習障害(LD)

学習障害脳の知的な発達は問題ないものの、読み書き、計算など学習する課題が正常な人と比べて難しい状態の障害です。

学校の勉強が1、2年遅れるといった事が起こります。

うつ病とは?

「憂うつ」な状態がほぼ一日中、長期間続くというのがうつ病の代表的な症状です。
まだ様々な症状があるのですが、大きく分けて二つ、「身体の症状」と「精神の症状」に分けられます。

精神の症状

  • 落ち込む
  • 何をしても楽しくない
  • 興味が出ない
  • 虚しい
  • ついつい悪い方ばかり考えてしまう
  • イライラ感がする

身体の症状

  • 眠れない
  • 疲労感がある
  • 食欲が出ない
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 喉が乾く
  • 便秘、下痢
  • 体の痛み


うつ病の友達との接し方

発達障害とうつ病の関係

発達障害の方は日常生活で色々な障害の壁がある事がお分かりいただけたでしょう。その弊害によって精神障害などが引き起こされる事を二次障害と言います。
発達障害の方は学生時代や社会に出た後にイジメや失敗が多く、ストレスがたまったり、ネガディブになったりし、二次障害が起こる事が多いです。

発達障害とうつ病の関係は切っても切り離せない関係にあります。

職場での発達障害のある方への接し方

他の同僚と同じように挨拶を自分からしてあげてください。緊張して自分から挨拶が出来ない事もあるので、歓迎されていると思ってもらうために自分から挨拶してあげてください。

重要で緊急な仕事に取り組んでいる時はそっと声をかけてやり方を確認してあげてください。

そうでない場合は、色々な人から違うやり方で言われれば混乱してしまうので、その人に合ったやり方を提示してあげてください。

困っていそうであればそっと声をかけてあげてください。もし困ってないなら、そっとしておき管理担当者に一声かけてあげてください。

最後に

発達障害とうつ病の関係がお分かりいただけたと思います。読んでいただいた方の中には実際に発達障害の方と関わりがあるかもしれません。
そして、これから生活していくと発達障害の方と会う機会もあると思うので、この記事を読んでいただき発達障害の方と良い関係を気づきあげていただければと思います。

少しでも発達障害の方が生きていきやすい環境になれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました