パーソナリティ障害って?性格が悪いというのではありませんよ!

心、メンタルヘルス

パーソナリティ障害とは?

パーソナリティとは性格などという意味なのですが、その人の性格が悪いというのとは違います。

大多数の人の行動などとは違う行動をしてしまい、自分または周囲の人が困っていたりする精神疾患です。

アメリカの研究では人口の15%の人がパーソナリティ障害であると報告されています。

また、パーソナリティ障害は他の精神疾患を引き起こす可能性があるので注意です。

パーソナリティ障害にはタイプ別に別れていています。

パーソナリティ障害のタイプ

A群(奇妙で変わっている)

  • 妄想性パーソナリティ障害
    他からの不信感、疑念などが特徴です。
  • 統合失調質パーソナリティ障害
    非社会的で他者への関心が薄いのが特徴です。
  • 統合失調型パーソナリティ障害
    会話などで感情が狭く、思考が曖昧なのが特徴です。

B群(演技派、感情的)

  • 境界性パーソナリティ障害
    対人関係が不安定で、衝動をコントロールできないのが特徴です。
  • 自己愛性パーソナリティ障害
    周囲の注目をあびるために、傲慢や壮大な態度をするのが特徴です。
  • 反社会性パーソナリティ障害
    反社会的で、他者の権利を侵害するような行動、暴力的な行動に走ることもあるのが特徴です。
  • 演技性パーソナリティ障害
    演技派で他者からの注目を集める外見や行動をするのが特徴です。

C群(不安、内気)

  • 依存性パーソナリティ障害
    他者に依存して、自分の行動に他者の考えを求める事が特徴です。
  • 強迫性パーソナリティ障害
    一定の秩序を保つ事へのこだわりがあるのが特徴です。
  • 回避性パーソナリティ障害
    失敗を恐れ、その状況を避けるのが特徴です。

これらの障害はパーソナリティの機能に障害があり、私生活での幅広い範囲で見られます。

治療、対処法

治療者と協力していく事が大切です。一つ一つの問題に対して一緒に対処法を考えたり、思考のズレを直していったりします。

パーソナリティ障害は色々な種類があるので、それを積み重ねる事が大切です。

薬物治療もあり症状の緩和する効果があります。感情調整薬や選択的セロトニン再取り込み阻害(SSRI)が有効だと言われています。

昔はパーソナリティ障害は長期にわたり患者を苦しめられると考えられていたが、今では年齢とともに軽減する事が明らかにされています。
人生経験がその人の回復に役立ちます。

周囲の人のサポートは、その人との関係を大切にするべきです。パーソナリティ障害の対応は長期に及ぶので、継続的な関わりを続ける事にしましょう。焦らさない事が大切で、じっくり考えさせる事が大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました