子どもに対して性犯罪?小児性愛障害(ペドフィリア)

小児性愛障害,ペドフィリア心、メンタルヘルス

小児性愛障害(ペドフィリア)とは?

小児性愛障害とは、パラフィリアの一種で小児(13歳以下)に対して、強い性的な興奮を引き起こし、空想や衝動が起こることを言います。

子供が被害になった性犯罪は女児が被害者になっているとイメージする人は多いと思いますが、実際には男児が60%も占めています。

小児に対する性的欲求のために教師になる人などもいてます。

小児性愛障害者は女性と比べ男性の方が多く3〜5%の人がかかる病気になります。

小児性愛障害の人の再犯率はが高く、「性教育として自分がやってあげた」や「相手が望んでいた」などと言ったことを思っているので自身の認知に異常があります。

異常な性的興奮?パラフィリア障害(性的倒錯)とは?
パラフィリア障害とは、性的興奮に偏りがある状態です。その性的興奮による衝動や行動により社会または自分自身の生活に支障が出ていることが特徴です。パラフィリア障害は「性的倒錯」、「性的嗜好障害」、「性嗜好異常」などとも呼ばれています。

小児性愛障害の症状

小児性愛障害,ペドフィリア,症状

純粋型

小児にしか性的興奮を感じない場合は「純粋型」と言います。

非純粋型

小児と成人、どちらにも性的興奮を感じる場合を「非純粋型」と言います。

症状

  • 小児の性器を眺める(眺めたい)
  • 小児の性器に触れる(触れたい)
  • 小児との性行為に性的興奮を得る
  • 小児との性行為の衝動にかられる
  • 1人で歩いている小児を連れ去りたいと思う
  • 小児を対象とした性的な漫画やアニメを好む
  • 小児にオーラルセックスをする(したい)
  • 小児の膣内または肛門内に性器を挿入する(したい)

その他の併存症

などが併存する可能性があります。

大人でもなる発達障害のADHD(注意欠如・多動症)
集中力が続かないことや、じっとしていられない、考える前に行動してしまうといった症状が特徴の障害です。原因、症状、治療法を簡単にわかりやすく紹介します。女性より男性の方がADHDになりやすく、子供は約5%、成人は2.5%の可能性でADHDになると言われています。
不安障害(不安症)とは?過度な不安を感じる方は要注意です!
不安障害(不安症)にかかる割合は9.2%となっており10人に約1人かかる可能性があります。不安障害も色々な種類があり、知らないうちにどれかにかかっている事もあります。症状や治療法を紹介します。
急性ストレス障害、外傷後ストレス障害(PTSD)の症状と治療法
急性ストレス障害と外傷後ストレス障害(PTSD)の症状と対処法を紹介します。強いトラウマの経験後に、20%の人がかかる可能性があると言われています。

小児性愛障害の原因

小児性愛障害,ペドフィリア,原因

環境要因

自分自身が子供の頃に性的虐待を受けていたら、大人になったあと性的虐待をしやすくなり、小児性愛障害になる原因になります。

小児が犠牲になった性犯罪の半分が、アルコールのとりすぎで起こっているというデータがあります。

自身のストッパーが外れるということが原因です。

他の精神疾患

過去に露出障害窃視障害などに関わっている可能性もあります。

男性の2〜4%の人が露出障害になる可能性があります!
露出障害とは異性や子供に対して、または公衆の面前で自分の性器を見せることにより性的興奮を感じ、露出を繰り返す障害です。露出障害の人は男性に多く2〜4%の人がかかる可能性があります。露出障害の説明や治療法なども紹介します。
電車での痴漢行為、窃触障害かもしれません!
窃触障害とは、知らない人(他人)の股間などの身体に触れたり、知らない人(他人)に自らの身体や性器をこすりつけたりすることに対して性的興奮を覚え、日常生活や社会に支障が出ている状態のことを言います。条件反射制御法という治療法も注目されています。

小児性愛障害の治療

小児性愛障害の治療は「薬物療法」と「精神療法」があります。

薬物療法

小児性愛障害,ペドフィリア,治療

「SSRI」が使われることもあります。また「酢酸メドロキシプロゲステロン」などがアメリカでは使われています。

  • SSRI
    抗うつ薬としても使われるのがSSRIで、小児性愛障害の時も使われています。脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。性的興奮をコントロールするのに役立ちます。しかし効果が出るまでに数週間かかります。
  • 酢酸メドロキシプロゲステロン
    男性ホルモンからくる抑制できない性的興奮を、男性ホルモンの生成を減少させることにより性欲を低下させる働きがあります。

精神療法

小児性愛障害,ペドフィリア,治療

認知行動療法」などが代表的になります。また、ドイツで小児性愛障害に対する「セラピープログラム」もあります。

  • 認知行動療法
    自身の認知のバランスをとりストレスにうまく対応できる精神をつくっていきます。誤った認知を、より良い方向に修正していきます。
  • セラピープログラム
    長期的な治療で毎週2時間程度のセラピーを1、2年続けていきます。自身の小児に対する性的興奮を抑えていきます。自分が被害者の立場になって、被害者がどれだけ傷つくかを考えたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました