100人に1~2人が強迫性障害の可能性!症状や療法を紹介します!

体、身体、健康

強迫性障害(OCD)

何かに対する「不安」や「こだわり」が普通以上に感じていて、自分の意思と反して何度も同じことを考えてしまい日常生活に支障が出る病気です。

強迫障害の方は「強迫観念」と「強迫行為」がみられますが、ほとんどの場合どちらもみられ、片方のみの方もいます。

強迫観念」とは自分の意思に反してあるイメージが払いのけられないことで、強迫行為」とはある行動をしないと気が済まないということです。

イメージとしては「家の鍵をかけたかな?」「火を消したかな?」などの不安(強迫観念)から、いてもたってもいられなくなりることです(強迫行為)。普通の人であれば一回の確認で済むところが、2回3回と確認しないと気が済まなくなります。

このような確認などがエスカレートして最終的に外出できなくなる人もいます。また、他人を巻き込むケースもあり、強迫行為を手伝わせようとする時もあります。

日本国内の強迫性障害の人はどれくらいいるかは明確ではありませんが、アメリカの精神科外来に訪れる約9%が強迫性障害であるというデータがあり、日本は約4%という報告があります。しかし、強迫性障害は自分自身で気付きにくいので実際の強迫性だと思われる人は100人に1人〜2人ぐらいいると考えられています。

強迫性障害(OCD)の症状

清潔関連

トイレなどの後に、細菌の恐怖から手を必要以上に洗ったり、お風呂に何回も入ったりなど。

安全関連

「玄関の鍵をかけ忘れた」や「火の消し忘れた」などに不安になり、何度も確認しないと気が済まないなど。

加害関係

自分が知らないうちに他者を傷つけているのではないかと思い、不安にさらされるなど。

こだわり関係

自分の決めた手順などを順番通りにしないといけないと考えたり、ラッキーナンバー、シンメトリー、物の配置にこだわったり不吉な数字を避けたりなど。

 

これらの症状に思い当たる節があり、日常生活や周りの人に影響が出ていたら医療機関に相談することをお勧めします。

強迫性障害(OCD)の治療

昔は治療が困難だったが、現在では薬物療法や、認知行動療法などでかなりのレベルまで回復するようになりました。

薬物療法

代表的な薬物は「SSRI」、「抗不安薬」などが挙げられます。

  • SSRI
    抗うつ薬とも使われるのがSSRIです。脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。しかし効果が出るまでに数週間かかります。
  • 抗不安薬
    不安や恐怖を抑える薬です。効果は即効性があるが一時的です。

認知行動療法

代表的な療法は「曝露反応妨害法」が挙げられます。

患者に強迫観念による不安にあえて直面させたり、強迫行為を我慢していくという行動療法です。刺激の低いものから患者に直面させ、強迫行為は回数を減らしていくことから始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました