正月病?年末年始の長期休みからの新年そうそう仕事がだるい

体、身体、健康

正月病とは?

正月病とは、正月休み後に体がだるくなったり疲れたり、気の落ち込みなどの症状が年末年始後に現れるのが特徴です。

年末年始でついついゴロゴロしてしまい、そのまま仕事が始まってその生活についていけない経験をした人は多いと思います。

お盆休みやゴールデンウィークより年末年始が一番体調が崩れると感じている人が多いです。

正月病」から正月うつ」になる可能性もあります。

正月病の症状

  • 休み明けの仕事が辛い
  • 出勤したくない
  • 気分が晴れない
  • 気持ちが落ち込む
  • 体がだるい
  • 眠い、眠さがとれない
  • 朝が起きれない
  • 夜眠れない
  • 胃もたれ
  • 肩こり
  • 代謝が低下する
  • むくみ
  • 腹痛
  • 風邪

正月病の原因

年末年始の長期休みと仕事のギャップ

年末年始は特に緩やかになる生活から普段通りの仕事との間のギャップはすごく大きいです。

そのギャップが生活リズムの乱れになり、正月病になります。

睡眠時間

年末年始で睡眠時間が長くなる人は多いと思います。

仕事が始まると普段通りの睡眠時間に戻り、その睡眠時間の格差が原因で正月病になります。

食生活

年末年始に食べ過ぎた経験がある人は多いと思います。

食べ過ぎは内臓に負担がかかります。食べ過ぎた次の日は内臓を休めましょう。

正月病の対処法

適度な運動をする

仕事が始まると運動をする機会が減ります。

散歩やストレッチなどで適度な運動をする事をお勧めします。

また運動は快便効果もあり、腸内の環境も整えてくれます。

脂肪代謝を高める

食べ過ぎで脂肪がついているので、脂肪の代謝する力を高めましょう。

  • タンパク質(牛肉、豚肉、鶏肉など)
  • ビタミン、ミネラル(野菜、果物など)

などが脂肪の代謝を促進します。

日光を浴びる

人は日光を浴びないと体内時計が狂ってしまいます

体内時計は人によって個人差があり23〜25時間になっています。1日24時間なので「自分の体内時間」と「現在の時間」を毎朝リセットさせる必要があります。

人は朝起きて日光に浴びることにより、1日の体内時計をリセットしています

睡眠の質を上げる

「昼の眠気」、「朝が起きれない」、「夜眠れない」などの症状がある人は夜の睡眠の質を上げる事をお勧めします。

寝る2時間前までにお風呂に入る

就寝前(2時間前まで)にお風呂で身体を温めると、幸せホルモンのセロトニン」の分泌が活発になり、眠りやすいという効果があります。

寝る前にスマホをいじらない

スマホの光によって脳が日光の光と勘違いして活性化してしまいます。

睡眠ホルモンの「メラトニン」の分泌を低下させ、眠りが浅くなったりして睡眠を妨げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました