男性の更年期障害!症状、原因、治療法、対策をチェック

体、身体、健康

男性の更年期障害とは?

更年期障害は主に女性に現れますが、男性にも現れます。

45~55歳ぐらいが更年期と言われており、身体に起こるさまざまな症状が日常生活に支障が出るまで重い事を更年期障害と言います。

男性の更年期障害はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも言われています。

男性の更年期障害の症状

身体的症状

  • ほてり
  • のぼせ
  • 発汗
  • 手足が冷える
  • 頭痛
  • 腰痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 全身がだるい
  • 身体が疲れやすい
  • 胃もたれ
  • 性機能が低下する
  • ヒゲの伸びが遅くなる
  • 筋力の低下

精神的症状

  • 不安感
  • 眠れない
  • 憂うつな気分になる
  • イライラする
  • 集中力の低下
  • やる気が起こらない
  • 感情がコントロールできない

「憂うつな気分になる」「イライラする」「眠れない」「性機能が低下する」が特に男性には多い症状です。

男性の更年期障害の原因

男性ホルモン

更年期になるにつれ、男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少していきます。

テストステロンの急な減少が身体のバランスを崩し、さまざまな症状を身体に与えます。自律神経の乱れにもなります。

自律神経

男性ホルモンのテストステロンと自律神経には密接な関わりがあります。

自律神経の乱れは、テストステロンの分泌を抑制します。

ストレス

更年期に入ると仕事、家庭と大変な時期になります。

仕事では中間管理職の立場で、上からの指示や、新入社員の教育など仕事の責任も重くなります。

男性の更年期障害の治療

ホルモン補充療法

足りていないホルモンを補充することで症状を改善する治療法です。

テストステロンを飲み薬などで補充します。

漢方療法

漢方薬、睡眠薬などを使う治療法です。

漢方薬も作用、効果、副作用などが種類によって違うので、医師の指導を受けましょう。

薬物療法

精神的な症状が最も酷い場合はSSRIなどの抗うつ薬、抗不安薬などが処方されます。

  • SSRI
    脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。しかし効果が出るまでに数週間かかります。
  • 抗不安薬
    不安や恐怖を抑える薬です。効果は即効性があるが一時的です。

男性の更年期障害の対策

適度な運動

ウォーキングなどの有酸素運動が更年期障害のリスクを下げることがわかっています。

運動は血行を良くしてくれ、それが症状の緩和や予防につながります。

ヨガなどでも効果があるので、自宅で対策が可能です。

食事

「栄養バランスが良い食事」を心がけましょう。

また、朝、昼、晩の3食を食べるようにしましょう。

  • タンパク質
    牛、鳥、豚肉などに多く含まれており、更年期障害に効果的とされています。
  • イソフラボン
    大豆などに多く含まれており、更年期障害に効果的とされています。

睡眠

睡眠不足は症状を悪化させる恐れがあります。

適切な睡眠時間(6〜7時間)はしっかりと寝るようにしましょう。

また、就寝時間と起床時間は出来るだけ毎日同じ時間にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました