5〜15%の子供に学習障害(発達障害)!?その原因、症状、接し方

体、身体、健康

学習障害とは?

学習障害とは、発達障害の一種で知的発達に他の人と遅れはなく、「聞く」「話す」「書く」「読む」「計算する」能力が困難が生じる状態です。

人によって症状が異なり、話すことが苦手だったり計算が苦手だったりします。しかし。全く話せなかったり、計算ができないと言う事ではなく、これらの能力に困難が生じます。

学習障害は5〜15%の子供になる可能性があり、男性の方が女性よりも2倍以上、学習障害になります。

学習障害は英語でLearning Disabilityと言いLDと呼ばれることもあります。

学習障害の種類(症状)

学習障害には3つのタイプがあり、読字障害(ディスクレシア)、書字表出障害(ディスグラフィア)、算数障害(ディスカリキュリア)に別れています。

読字障害(ディスクレシア)

字を読むことに対して困難がある症状です。学習障害の中で字を読むのに困難がある人は一番多いです。

  • 音読が遅い(一文字ずつ読む)
  • 読み間違える
  • 文字を飛ばしたり、行を飛ばしたりする
  • 読んでいる文章の意味を理解しにくい
  • 文章をまとめれない
  • 音などは正常に聞こえるが、言われた言葉を聞き間違える
  • 似ている文字を見分けるのが難しい

書字表出障害(ディスグラフィア)

文字を書くことに対して困難がある症状です。

  • 綺麗に文字が書けない
  • 書けない文字がある
  • カタカナの習得が困難
  • 漢字の習得が困難
  • 「〜れる、られる」などの助動詞をうまく使えない
  • 多言語の英語などの読み書きが困難
  • 清書の速度が遅い
  • 自分の考えを書いて表現できない

算数障害(ディスカリキュリア)

数字、数量、図形などの立体に対しての理解が困難な症状です。

  • 数を数えるのが困難
  • 数の概念がわからない
  • 計算を習得することが困難
  • 暗算ができない
  • 時計が読めない
  • 繰り上がり、繰り下がりが理解できない
  • 九九を覚えるのが困難
  • 立体などの図形の理解が困難

他の発達障害と併発

ADHDの人は他の発達障害も併発している可能性があります。

  • ADHD(注意欠如・多動症)
    集中力が続かないことや、じっとしていられない、考える前に行動してしまうといった症状が特徴の障害です。
  • 自閉スペクトラム症
    他人とのコミュニケーションが苦手で、自分の趣味、関心、やり方に強いこだわりがありそれを優先させるのが特徴です。

学習障害の原因

学習障害の原因ははっきりとはわかっていません。

環境要因

出産の時に早生まれや低体重で生まれる子供は学習障害になりやすいと考えられています。

遺伝子要因

遺伝子が関係すると言われており、学習障害の親とそうでない親を比べると前者の親からは学習障害の子供が生まれるリスクが高いと考えられています。

また、3種類ある学習障害のうちの症状と同じ症状が親から遺伝されることが予想されます。

学習障害の子供との関わり方

読字障害(ディスクレシア)の子供

読むことが遅いので、一文字ずつゆっくり読ませるのが大切です。また、叙情にひとまとまりの単語などを区切って読ませましょう。

読みながら意味を理解するのが難しいので、意味を教えながら読ませていきましょう。自分の音読を聞かせることも重要です。

書字表出障害(ディスグラフィア)の子供

まずはひらがなを書くことが出来るようにするのが大切です。

清書など写すことから始めて、最終的には聴写をさせましょう。

ひらがなを書けたらカタカナ、漢字という風に段階を踏みましょう。漢字は特に苦手なので、漢字のへんやつくりに注目して漢字の根本から教えるのもお勧めです。

算数障害(ディスカリキュリア)の子供

簡単なものから取り掛かり徐々にレベルを上げていきましょう。

わからない場合は単純に答えを教えるだけではなく、なぜそうなったのかという事まで教えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました