「5月病」ではなくて「6月病」?今、「6月病」にかかる人が増えている

心、メンタルヘルス

6月病とは?

「5月病」というのは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?4月の入社後になんとかGWなどまで乗り越えて、そのGW明け頃に、新入学の間で見られることから名付けられた心と体の不調です。

近年、5月ではなく6月に、同じような状態になる人が増えており、「6月病」と呼ばれていています。
「5月病」、「6月病」は正式な病名ではなく、正式には「適応障害」と診断されています。

なぜ、「6月病」が増えているのか?

「適正障害」とは、新しい環境に適応できなくいことからのストレスなどから起こる症状です
新人研修の期間が以前より長くなり5、6月まで続くことや、4月からの入社や転勤などで
、ようやく慣れる6月に、たまったストレスが、心身の症状となって表れるのではないかと言われています。
そして、6
月は梅雨で雨が多くジメジメして天気の悪さからの心身のダルさが要因になることもあります。

新しい仕事や人間関係の環境の中では、無意識で緊張してしまっています。その環境から慣れてきた6月ごろに緊張の糸が切れて6月病になってしまいます。

しかし、決して新人社員の人にだけ現れる症状ではありません。

6月病の症状

精神の症状

  • 落ち込む
  • 何をしても楽しくない
  • 興味が出ない
  • 虚しい
  • ついつい悪い方ばかり考えてしまう
  • イライラ感がする

身体の症状

  • 眠れない
  • 疲労感がある
  • 食欲が出ない
  • 頭痛
  • めまい

これらの症状が多くある方は要注意。対処する必要があります。

どんな人がなりやすい?

  • 真面目な人
    真面目な性格の人が多いという声も上がっています。「〜すべき」が口癖だったり、完璧主義だったり、少しのミスでも自信を失ったり、などする方に多いです。真面目な人が6月病になると、やる気がない自分を責めたり、「自分はダメだ」と落ち込んだりしがちです。
  • 内向的で自分の感情をあまり表に出さない人
    職場の人間関係や仕事環境での不満から6月病になる事が多いです。真面目の人と違って自分で自分を責めるのはあまりないとは思いますが、自分の感情を表に出せない分、打ち明けられないという事になってしまいます。

6月病の対処法

まず自分が「6月病」と自覚があったら、自分を責めないでください。自分を責めてしまうと悪化する恐れがあります。
しっかり自分のペースを落として、休憩する時はしっかりしましょう。
休憩するといっても、ダラダラするのとは違います。起床の時間や就寝の時間はしっかりといつも通りで、朝、昼、晩もしっかり食べましょう。「寝だめ」をするのは良くないです。これらが乱れるとさらに悪化する恐れがあるので注意しましょう。

あなたのストレスが職場の場合、そのストレスを取り除くのは難しいです。日々の業務でできるだけストレスを溜めないようにする事が大切です。

天気が悪い日にお出かけする事は逆効果になる可能性があるので、天気がいい日に出かけて気分転換しましょう。

「やる気」が出ない時は新たな目標を作りましょう!どんな目標でも構いません。簡単な目標からでもいいので日々のモチベーションを上げていきましょう。

まとめ

「6月病」は新人社員だけでなく全ての人にかかる恐れがあります。新人社員の方が多いのですが、6月にストレスを溜め込まないような生活をしてください

もし、自分が「6月病」かもしれなくても、焦らす、日々の自分のペースを乱さずにストレスを取り除いていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました