うつ病でもできる8つのおすすめの仕事とは?避けるべき仕事は?

うつ病,鬱,仕事,向いている,転職,辞める,うつ病でもできる仕事職場、仕事

うつ病と仕事の関係

職場での仕事の環境が原因でうつ病になる人も少なくありません。

その仕事の中でも原因は人それぞれです。

  • 人間関係
  • 残業や夜勤
  • 異動などによる環境の変化
  • パワハラやセクハラ

などの原因があり、職場の環境は精神に悪影響を及ぼす可能性があるので仕事選びは重要になります。

人間関係が原因

人間関係というのは会社に入ってからでしかわからない場合が多く、うつ病の一番の原因になります。

年功序列な会社は人間関係の問題が起きやすく、勤務年数や年齢に応じて役職が上昇させるので部下の教育が上手にできない人も多く、人間関係の問題が出ます。

残業や夜勤

残業や夜勤は疲労がたまり身体的なストレスになります。

身体的なストレスはうつ病などの原因にもなります。

また、残業や夜勤で一番関係するのは「睡眠時間の低下」です。

睡眠時間が低下することによって自律神経が乱れうつ病になります。

異動などによる環境の変化

環境の変化は思っている以上に精神的な負担になります。

新入社員や異動した人は新しい環境に慣れるまでが大変で自分に合わない場合もあります。

新入社員や四月から異動した社員が「5月病」や「6月病」になるのは新しい環境に適応できない事が原因です。

「5月病」ではなくて「6月病」?今、「6月病」にかかる人が増えている
「6月病」というのが増えています。名前の通り6月にストレスを抱え込み憂うつになったりします。「6月病」の説明や症状、対処法をお伝えします。

パワハラやセクハラ

ハラスメントの中でもパワハラやセクハラは職場で目立ちます。

仕事に対するパワハラ、女性社員に対するセクハラなどに我慢しているは多いのではないでしょうか?

我慢していると精神的疲労がたまり、うつ病の原因になります。

うつ病でもできる仕事

うつ病,鬱,仕事,向いている,転職,辞める,うつ病でもできる仕事

職場環境は精神に影響を与える事がわかったと思います。

うつ病の原因になるような職場環境を避けれる仕事を選ぶ必要があります。

うつ病になった原因はその人によって異なりますが、うつ病の原因になるような職場は避ける事がオススメです。

うつ病はその日の気分で気分が良かったり悪かったりするので、シフトの融通が効く事は重要になります。

調子の浮き沈みが激しい場合はアルバイトなどから始める事をおすすめします。

  1. 在庫管理の仕事
  2. コールセンター
  3. データ入力
  4. 清掃の仕事
  5. 警備員
  6. フリーランス
  7. 配達業
  8. 製造業

在庫管理の仕事

この作業は派遣などでも多く募集しており、シフトの融通が効くことも多いです。

また、作業は自分で黙々とする仕事も多いためノルマをこなしていれば自分のペースでできます。

同じ職場の人との関わりもそんなに多くない場合もあるので人間関係も楽になります。

コールセンター

コールセンターといっても内容によっては難しい場合があります。

簡単なマニュアルがあり、カスタマーからクレームなどが無い環境のコールセンターなら大丈夫です。

クレーム対応がメインの場合は精神的に疲労がかかるのでやめておきましょう。

データ入力

データ入力はノルマがあるため、厳しいノルマのところはやめましょう。

普通にこなしていけるノルマなら、自分のペースで出来、他人と話すことも少ないので気軽に仕事ができます。

清掃の仕事

黙々と決められたところを自分のペースで仕事ができるのでおすすめです。

あまり人と関わらないのでうつ病の人でも気持ちは楽になります。

しかし、体を動かすので身体的は疲労はかかるので、頑張りすぎはやめましょう。

適度な運動はうつ病の改善に効果があるので、頑張りすぎず自分のペースで仕事をしましょう。

フリーランス

うつ病,鬱,仕事,向いている,転職,辞める,うつ病でもできる仕事

フリーランスは自宅で他人と関わる事なく自分のペースで仕事ができるのでおすすめです。

フリーランスといっても色々な仕事があります。

「ライター」「写真投稿」「デザイン」などあなたが出来そうなことを初めて見てはいかがでしょうか?

警備員

警備員は内容にはよりますが身体的な疲労も少なく働けます。

座っているだけ、エヤコンがきいた部屋で警備などと、内容によっては身体的な疲労がなく働けます。

うつ病の人でも警備員になれますが、うつ病などに偏見などを持っている会社などは難しい事があります。

うつ病の重度の人は難しいですが、軽度なら働ける場合があります。

配達業

荷物の配達業は荷物の配達時にはお客様と接しますが、

配達しているときは誰とも関わらなくてもいいので、対人関係のストレスになりにくいです。

配達業が厳しいノルマや長時間労働になる場合はやめておきましょう。

うつ病の悪化に繋がる場合があります。

製造業

手に職がいるところもありますが、一からでも大丈夫なところもあります。

製造の作業は黙々と自分のペースで出来るため、お客様の対応などをしないので精神的な負担は減ります。

うつ病に向かない仕事

うつ病,鬱,仕事,向いている,転職,辞める,うつ病でもできる仕事

うつ病に向かない仕事の特徴は

  • ノルマがある(厳しい)
  • 評価制度がある
  • 自分のペースで仕事ができない
  • 残業がある
  • 夜勤がある
  • 長時間労働

などが挙げられます。

このような事がある仕事は極力避けましょう。

  1. 管理職
  2. 営業職
  3. 接客業
  4. 介護職

管理職

管理職は会社の上層部の圧があり、さらに売り上げを上げたり、部下を管理したりと責任が大きいです。

責任が大きいと精神的にも負担になります。

また、長時間労働、残業などをしないといけないケースもあるのでおすすめできません。

営業職

営業職は人との関わりが多いため精神的な負担がかかります。

また、営業になると他人と評価されたりノルマが厳しかったりと自分のペースで出来ない事が多いので避けた方がいいでしょう。

接客業

人との関わりというのは精神的な負担が大きいです。

それがもろに現れるのは接客業です。

お客様からのクレーム、どんな事があっても笑顔でいないといけない、休みが少ないなどといったことからストレスを感じてしまいます。

介護職

介護職は夜勤や長時間労働によって生活リズムが乱れやすくなります。

認知症の介護などは普通の人より大変で、精神的なストレスになります。

介護が原因でうつ病になる事は多く「介護うつ」という言葉まであります。

 

うつ病が多い職業ランキング!?気になる業種は?
うつ病になりやすい職業、職種とは?男女別ランキングを紹介します。医療業界がうつ病になりやすい傾向があり、この業界では長時間労働や夜勤が原因です。また、職業ではオフィスワーカーが一番うつ病になりやすく職場の人間関係が関係しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました