受験生の親のイライラさせる5行動と8接し方〜この時期の心構え〜

受験生,親,受験,ストレス,イライラ,不安,心構え,接し方,心配家族、家庭

受験生が嫌がる親の行動

実は受験生の子供の為と思っている行動が嫌がられているかもしれません。

しっかりとその行動をチェックしましょう。

  1. 長男(長女)と比較する
  2. 無関心
  3. お金に関する事を言う
  4. 勉強に口出す
  5. プレッシャーを与える

長男(長女)と比較する

比較されるのは誰でも嫌です。

あなたも他の親と比較される事は嫌だと思います。

血は繋がっていても性格などは絶対に違います。

その状況で兄や姉と比較されても、同じようにはできません。

知ってますか?ハーバードのような高学歴の生徒の約7、8割は長男、長女です。

このように、兄弟でも歩む人生は違います。

また、家族だけでなく友達との比較も辞めておきましょう。

無関心

無関心すぎても、自分の進路の事はどうでもいいの?」「自分の将来について興味がないの?」と思わせてしまいます。

距離感は難しいですが、気遣いつつ見守る方がいいでしょう。

お金に関する事を言う

受験生,親,受験,ストレス,イライラ,不安,心構え,接し方,心配

学校、塾、予備校などはお金がかかる事は当たり前です。

本人もお金がかかっている事はわかっています。しかし、勉強に集中したいので金銭面のサポートは欲しいものです。

私立に行くお金なんてない」「予備校(塾)にどれだけかかっているかわかっているの?」などの事を言ってしまった事はありませんか?

子供は十分に分かっているし、このように言われると勉強に集中できません。

勉強に口出す

子供が行きたい学校を選んで勉強している場合は自分の勉強のペースややり方があります

もっと勉強しなさい」「勉強のやり方が合ってないんじゃない?」「本気で勉強しなさい」などと言ってないですか?

また、集中して勉強しているところに、部屋に入って声をかけたりするのも嫌がります。

明らかにひどい場合以外は子供を信じて任せましょう。

プレッシャーを与える

この時期の受験生は偏差値を1上げることに全力で取り組んでいます。

そんな中、「志望校には受からない」「落ちる」などのマイナスな事を言われるとプレッシャーになります。

また、「期待しているよ!」などの期待感を与える事はプレッシャーになる事があります。

この時期にプレッシャーを与えられると勉強にも支障が出てしまいます。

受験生の子供との接し方

受験生,親,受験,ストレス,イライラ,不安,心構え,接し方,心配

嫌がる行動を踏まえて、受験生の子供とはどのように接していけばいいのでしょうか?

この時期は受験生も大変ですが親も大変です。

決して無理をしないでくださいね!

  1. 信じて任せる
  2. 生活面をサポートしてあげる
  3. 安心を与える
  4. 風邪の配慮をする
  5. 勉強をサポート
  6. 勉強時間を作ってあげる
  7. 励ます
  8. 知識をつける

信じて任せる

きつく縛ってあれこれしなさいという事は子供も良い気はしません。

あれこれ言ってしまうと、それが気になって受験に集中できなくなったりするので、信じて任せる事が本人には重要な場合があります。

生活面をサポートしてあげる

勉強の手伝いは出来ないけど、その他の生活のサポートはしてあげる事が出来ます。

  • 家ではあまりテレビをつけない
  • 夜食を作ってあげる
  • 栄養のある食事を作る
  • 朝起こしてあげる
  • 模試の日や受験の日も普通の日と変わらず接する
  • 学校、駅、塾に送ったりする
  • お弁当を作る

など、サポートできる事はたくさんあります。

このようなサポートが子供が親に感謝する要因になったりします。

睡眠のサポートは勉強の効率を上げるので、積極的にしてあげる事をお勧めします。

また、栄養不足は集中力、記憶力、思考力などに影響するので栄養のある食事を作りましょう。

安心を与える

受験生,親,受験,ストレス,イライラ,不安,心構え,接し方,心配

精神的に支える事は重要です。

受験シーズンは一番子供がナーバスになります。そんな子供に精神的な安心を与える事は大切です。

  • 不合格だった時は、その話題に触れない
  • ストレスがあったら相談にのる
  • 子供の好きなご飯のメニューにする
  • 応援手紙を書く
  • 受験の日に見送る

など、精神的に安心を与える事ができます。

この時期はストレスが溜まりやすく、ネガティブな言葉は極力避けて、ポジティブな言葉を使いましょう。

女の子には話を聞いてあげて、男の子にはそっとしてあげるのが良いでしょう。

風邪の配慮をする

受験生は睡眠時間の減少、疲労の蓄積、ストレスなどで免疫力は低下しています。

普段よりも風邪などにかかりやすくなります。

そこで、外から菌を持って帰らない配慮は重要です。

帰宅後の手洗いうがいなどで子供が風邪になる事を避けていきましょう。

勉強をサポート

勉強を頑張るのは本人ですが、勉強のサポートは親でもできます。

  • 塾や予備校、参考書や赤本などのお金を用意する
  • 面接の練習をしてあげる
  • 勉強の合間に食べるお菓子や軽食を用意する
  • 勉強に役立つものを用意する

など、サポートできる事はたくさんあります。

勉強時間を作ってあげる

受験生,親,受験,ストレス,イライラ,不安,心構え,接し方,心配

受験生が一番欲しいのは「勉強時間」です。

家事などの時間も勉強時間に使いたいですし、移動時間も勉強をしたいと思っています。

何もしなくていい時間を作ってあげる事は受験生にとってすごく嬉しいです。

しかし、感謝を口に出したりする事はあまりされないでしょう。心の中ではしっかりと感謝をしています。

子供にプレゼントだと思ってサポートしてあげてください。

励ます

やはり「頑張ってるね」などの励ましの言葉は子供は喜ぶものです。

子供は態度に出さないときもありますが、励まされると嬉しいんです。

勉強頑張っているな」「受験に合格する事を応援しているよ」などの声をかけてあげてください。

塾や予備校で帰りが遅くなっている時や、成績が上がったり模試の順位が上がった時などは一声励ましの言葉をかけてあげてはどうでしょう?

知識をつける

受験についての知識はつけておきましょう。

出願なども勉強やりながら自分でするのは面倒で手伝ってあげると良いでしょう。

そして、子供の目指している学校は最低限知っておきましょう。

子供との会話などにも役立ちますし、知らなかったら話が噛み合わず「無関心」と思われてしまいます。

受験の時の費用、ホテルなどを早めにおさえとく事も重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました