うつ病の友達との接し方をわかりやすく紹介します

友達

まずは、うつ病が何かを理解する

うつ病の現状

うつ病の人は年々増えています。
こちらのグラフを見てください。これは「うつ病、躁うつ病の患者数」です。

(資料)厚生労働省「患者調査」

1996年の43.3万人から2017年の127.6万人と、うつ病の患者数は著しく増えていっています。うつ病は明確に診断できるものではないため、うつ病の判断基準の違いによって上下します。

うつ病とは?

うつ病とは、精神的なストレスなどの理由から脳の機能障害が起きている状態です。

うつ病は、さまざまな要因から発生する可能性があります。遺伝的にうつ病になりやすい人本人の性格などにより発症の可能性が高まるとも言われています。

そして環境要因、家庭環境や会社、学校などの環境の影響で発症する場合があります。男性より女性のほうがうつ病になりやすいとも言われています。

うつ病は大きく分けて2種類あり、うつ病(大うつ病性障害)双極性障害にわけられます。

うつ病(大うつ病性障害)

抑うつ気分、疲れやすい、不眠など。
生活の中で引き起こるストレスなどで起こります。現在このタイプの人が増えてきています。

双極性障害

上のタイプのうつ病(大うつ病性障害)の状態となんでも出来ると思う躁の状態が波のように現れるのが特徴です。
以前は「躁うつ病」と呼ばれていました。

うつ病の症状

大きく分けて精神と身体に症状が出ます。

精神の症状

  • 落ち込む
  • 何をしても楽しくない
  • 興味が出ない
  • 虚しい
  • ついつい悪い方ばかり考えてしまう
  • イライラ感がする

身体の症状

  • 眠れない
  • 疲労感がある
  • 食欲が出ない
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 喉が乾く
  • 便秘、下痢
  • 体の痛み

これらの症状がみられるとうつ病を患っている可能性があります。

うつ病の友達にできること

心配していると伝える

あなたの心配しているという思いを伝えてあげてください
うつ病の人は本当に心配してくれる人が必要です。

「どうせ心配しても聞く耳持たないだろう」と思っていたら、それが本人に敏感に伝わります。
しっかりとうつ病の人の隣で「心配しているんだよ」と思い寄り添いあってみてください。

本人に寄り添った言葉をかける

うつ病を患っている方は自分の思いに共感してほしいと思っています。うつ病の方の声に敏感に反応し、うつ病の方目線で寄り添ってあげて、今欲しい言葉をかけてあげてください。

本当に思っていることを理解してあげる

これは少し難しいのですが、うつ病の人は、周りに思っていないことを言う時もあります。しかし、本人はその言葉を言いたいのではなくて、その奥の本心に気づいて欲しいのです。
「もう放っておいて!」など言う時もあるのですが、その本心が本当に放っておいて欲しいのか、放って欲しくないかを見極めないといけません。

難しいですが、どれだけ理解してあげれるかにかかっています。

相手のペースに合わしてあげる

うつ病を患ってる方にはうつ病の周期があります。そして頭の中も色々な事を考えている時もあり、頭の中がごちゃごちゃしています。しっかりとうつ病の方のペースに合わしてあげ、ゆっくりと一緒に治してあげてください

うつ病の友達にしてはいけないこと

励ましてはいけない

励ます事はいいように思われますが、やってはいけない事です。何故かと言うとうつ病を患っている方は自分の気持ちを理解して欲しいので、反対されると「やっぱり私の気持ちを理解してもらえないんだ、、」となってしまい返って逆効果になります。

一旦、うつ病の方の言葉を受け止めてから、その人の気持ちを理解しつつ、寄り添った形で導いてあげてください。

呆れた態度をとらない

呆れた態度をとってしまうとうつ病の方は気づきます。その態度が「自分の気持ちを理解してもらえないんだ、、」となってしまい、酷くなるケースもあります。

うつ病の方と接していたらあなたも憂うつになったりするので気をつけてください。

反論してはいけない

反論してしまうと混乱をさせてしまいます。「自分が間違っているのではないのか」と思いさらに深く考えてしまいます。

「自殺したい」ともし言われてもすぐに反論するのではなく、先に共感してあげてください。

まとめ

うつ病を患っている人との接し方はすごく難しいです。しっかりと理解して接する必要があります。無理をせず、一緒に寄り添って治してあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました