うつ病患者の4人に1人は入院〜入院が必要な8つ状況とは?〜

入院,入院療法,必要心、メンタルヘルス

入院療法とは?

病状の悪化や最悪のケースを避ける為に入院をする療法です。

ほとんどのうつ病患者は自宅療養ですが4人に1人が入院してる現状です。

自宅は本人が一番リラックスできる場所ですが、自宅の環境によってはリラックスできない場合などがあり、入院した方がいい事があります。

どんな場合が入院が必要か?

1人になれる環境を用意できない場合

入院,入院療法,必要

うつ病の自宅療養においては、「休む」事が大切です。

1人の時間を作ってリラックスしたい時もあると思います。

「1人になって精神を整理する環境」が作れない場合は症状が悪化するケースもあるので入院が必要になる場合があります。

家族の理解がない場合

うつ病の治療は他の人の協力が必要になってきます。

その為、家族の理解や協力がないとうつ病の改善に支障が出る事があります。

うつ病の本人が「家族に迷惑をかけているのではないか」と思いこみ、それがストレスになって症状が悪化してしまう事があります。

このような場合は入院が必要です。

ご飯を食べれない場合

入院,入院療法,必要

うつ病の重度の初期状態では、食欲が出ない事が多いです。

うつ病の改善には食事は大切です。

入院すると決まった時間に3食とれる環境もあるので、うつ病の改善に役立ちます。

食事にはうつ病を改善する効果があり、詳しくはこちら↓

地中海式の食事がうつ病を予防?心筋梗塞、脳卒中、認知症も予防
地中海式の食事をとるとうつ病のリスクが低くなる事が調査でわかりました。自殺率も低い事がわかりました。色々な調査を紹介してわかりやすく簡単に解説します。オメガ3不飽和脂肪酸、オメガ6不飽和脂肪酸、オメガ9不飽和脂肪酸、ビタミンがうつ病と関係しています。
ブロッコリーの「スルフォラファン」がうつ病を予防する!
ブロッコリーの「スルフォラファン」と言う成分がガンの予防だけでなくうつ病にも効果があると言われています。スルフォラファンは以前から血糖値を下げる働きがあるので糖尿病やガンなどの心臓病予防に効果があるとされていたが、ストレスを和らげる精神的な効果もあることがわかりました。
ストレスと食事が関係している!食事でストレスを解消
日常生活や仕事などからストレスを感じることが多々あると思います。実はストレスを感じると、体からある栄養素を使ってストレスを軽減しています。ストレスが解消されない、どんどん積み重なっていると感じている人はその栄養素が体に足りていない可能性があります。

自殺や自傷行為をする可能性がある場合

うつ病の重度で初期状態から少し回復してきたぐらいの時は、自殺や自傷行為にはしる場合もあります。

1人にしておけない場合は入院して見守ってもらう環境に置いた方がいい場合もあります。

薬の調整が必要な場合

うつ病の患者にはSSRIなどの抗うつ薬が処方されます。

うつ症状によって量や種類を適切に調整する必要がある場合は入院を勧められる場合があります。

近所の目が気になって外出できない場合

入院,入院療法,必要

自宅療養中の場合、近所の人に会うのが嫌で外出できなくなる人も少なくはないでしょう。

しかし、うつ病の改善には外出する事は必要不可欠になります。

入院をすると周りの目を気にする事なく外出できます。

ストレス要因を忘れられない場合

仕事でのストレスが原因でうつ病になる事は多いと思います。

自宅で過ごしていると仕事のことやストレス要因の事をふと考えてしまうこともあります。

入院は自宅から離れる事でストレス要因から離れることもできます。

うつ病が伝染する場合

インフルエンザみたいに空気感染などはしません。うつ病の伝染というのは精神的な伝染になります。

うつ病のサポートは精神的なストレスになる場合もあり、介護が原因でうつ病になることもあります。

介護うつとは?介護時に誰でもかかる可能性があります!
介護の時にうつ病に陥ることを「介護うつ」と言います。介護をしている人であればうつ病にかかる可能性がある病気です。介護うつにならない為の対処法や、介護うつの症状を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました