電車での痴漢行為、窃触障害かもしれません!

窃触障害人生、生活

窃触障害とは?

窃触障害とは、知らない人(他人)の股間などの身体に触れたり、知らない人(他人)に自らの身体や性器をこすりつけたりすることに対して性的興奮を覚え、日常生活や社会に支障が出ている状態のことを言います。

窃触障害はパラフィリア障害の一種で女性より男性の方が窃触障害にかかる可能性があります。痴漢、痴女行為と言った犯罪行動に発展します。

たまに痴漢行為で逮捕されている人はいるが、窃触障害と言った精神障害にかかっている可能性もあります。性犯罪は性犯罪なのだが窃触障害の可能性もあるので、一概に「その人の責任能力がない為の痴漢行動」ということには当てはまりません。

毎年、300件ぐらいが電車内での痴漢が発覚されています。発覚されているのがこの件数なので実際にはもっとあると推定されます。

異常な性的興奮?パラフィリア障害(性的倒錯)とは?
パラフィリア障害とは、性的興奮に偏りがある状態です。その性的興奮による衝動や行動により社会または自分自身の生活に支障が出ていることが特徴です。パラフィリア障害は「性的倒錯」、「性的嗜好障害」、「性嗜好異常」などとも呼ばれています。

窃触障害の行動

窃触障害,症状

混み合った電車やバスなどで人が大勢いる場所だが誰が触ったかわかりにくいところでの痴漢行為などがわかりやすい事例だと思われます。

あとは図書館などで被害者の抵抗が困難な状況での痴漢行動なども挙げられます。

一般的には他人の股間などに触れたり、自分の性器を擦り付けたりなどだが、痴漢行為を妄想してマスターベーションをしたり、あらかじめ用意していた精神を他人の衣類などにかけると言ったこともあります。

今のネット社会で言えば、出会い系などで知り合った女性と同意の上で痴漢行為を行ったりするケースもあります。

窃触障害の診断

  • 6ヶ月以上、知らない人(他人)の股間などの身体に触れたり、知らない人(他人)に自らの身体や性器をこすりつけたりすることに対して性的興奮がある
  • これらの性的興奮により社会的または私生活に支障が出ている

窃触障害の治療

窃蝕障害の治療法は「精神治療」と「薬物治療」があります。

精神治療

治療法は「認知行動療法」や「条件反射制御法」になります。「条件反射制御法」は下総精神医療センター・精神科医の平井氏により2006年にまとめられたパッケージ療法です。

  • 認知行動療法
    自身の認知のバランスをとりストレスにうまく対応できる精神をつくっていきます。誤った認知を、より良い方向に修正していきます。
  • 条件反射制御法
    窃触障害で痴漢をしてしまう人は、女性を触ってしまうと言った「条件反射」が関係していると考えられています。そこで
    痴漢の対象をマネキンにして、触っているうちに痴漢への欲求が薄れていくという治療法です。

窃触障害,治療

薬物治療

SSRI」などがよく使用されます。それでも効果が現れない場合などは「ホルモン治療」でテストステロンを抑制します。

  • SSRI
    抗うつ薬としても使われるのがSSRIで、不安障害の時も使われています。脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。しかし効果が出るまでに数週間かかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました