憑依されている感覚?解離性同一性障害の原因、症状、治療法

心、メンタルヘルス

解離性同一性障害とは?

解離性同一性障害とは、複数の人格が自分1人の中にいる状態で、その人格が交代して現れる精神障害です。昔は多重人格障害と言われていました。

年代に関係なく1.5%の人にかかる確率があります。女性の方がかかりやすく、男性に比べて3倍以上と言われています。

解離」とは自分の考え、感覚、記憶が自分のものではないと感じる状態です。

普段の日常で解離状態になることもあり、何かに集中していて他のことを忘れるなどがあります。例えば、電車で本などを読んでいて乗り過ごしてしまうなどが挙げられます。

自分の記憶、感情、行動などが自分のものでは無い?解離性障害の症状
解離障害とは、自分の身体が自分のものでないような感覚に陥ります。自分の記憶、感情、行動、意識などに異常が見られます。解離性同一障害,解離性健忘,解離性遁走,解離性昏迷,離人症性障害,解離性運動障害,トランス,解離性転換障害,ガンザー症候群,憑依障害などが解離性障害の症状です。

解離性同一性障害の種類

解離性同一性障害は2つの種類があります。

憑依型(ひょうい)

憑依型は名前からも分かるように、憑依されたように外部から自分が支配されるような症状が出ます。皆さんがイメージする多重人格の症状になります。自分とは違う人格になります。

非憑依型

憑依型とは違い、他人に憑依されているのではなく、自分が自分ではないような感覚に陥ります。

解離性同一性障害の原因

過去の出来事

子供の頃に経験した虐待などが原因と考えられています。子供の頃に過剰なストレス体験をすると自分の人格を守るために違う人格になる場合があります。

ストレス

強いストレスが関与していると言われています。学校でのいじめや職場での過度なストレスなどがあげられます。

解離性同一性障害の症状

交代人格

自分の人格とは別に他の人格に入れ替わることを「交代人格」と言います。

交代人格の症状が出る場合は、本人は他の人格に入れ替わったことを覚えていません。入れ替わる他人の人格は自分と全く異なる年齢や性別です。

解離性健忘

記憶に対して障害が起こります。ストレスを感じた時に記憶が飛ぶことが多くあります。

過去の出来事や、その日何をしていたなどを忘れてしまいます。また技術的なことを忘れる場合もあります。

身体、精神の症状

  • 頭痛
  • 気分が落ち込む
  • 不安になる
  • 自傷行為
  • 自殺行為
  • 物質乱用
  • 性機能が低下する
  • 幻覚

解離性同一性障害の治療

薬物療法

解離性同一性障害に有効な薬物は現在ないと言われています。

解離性同一性障害が悪化してうつの症状が出ている場合はSSRIなどの抗うつ薬が使用されます。

  • SSRI
    脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。しかし効果が出るまでに数週間かかります。

精神療法

精神分析的心理療法が使用されることが多いです。

  • 精神分析的心理療法
    自分の知らない自分に気づいていく、無意識の意識化を目的とします。まず、自分で意識していても無意識に行動してしまう行為を理解します。そして無意識の行動をなぜしてしまうのかを見つけていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました