自分の記憶、感情、行動などが自分のものでは無い?解離性障害の症状

体、身体、健康

解離性障害

解離障害とは、自分の身体が自分のものでないような感覚に陥ります。自分の記憶、感情、行動、意識などに異常が見られます。

解離性の症状が発症した時に、その期間の記憶が無い時があるので、本人が症状に気づかないことがあります。

「多重人格」と言う言葉は聞いた事があると思いますが解離性障害の一つです。他にも解離性障害には種類があります。

  • 解離
    自分の考え、感覚、記憶が自分のものではないと感じる状態です。
    普段の日常で解離状態になることもあり、何かに集中していて他のことを忘れるなどがあります。例えば、電車で本などを読んでいて乗り過ごしてしまうなどが挙げられます。

解離性障害の種類(症状)

何種類か紹介しますが、これら以外でも数種類あります。

解離性同一障害

解離性同一性障害とは、複数の人格が自分1人の中にいる状態で、その人格が交代して現れる精神障害です。昔は多重人格障害と言われていました。

年代に関係なく1.5%の人にかかる確率があります。女性の方がかかりやすく、男性に比べて3倍以上と言われています。

解離性健忘

解離性健忘とは、記憶が喪失してしまう障害で、記憶がすっぽり抜け落ちます。記憶の抜け落ち方は数種類あります。普段の物忘れとは違います。

男性よりも女性の方がなりやすく、約1.8%の人に解離性健忘の症状が出ると言われています。

解離性遁走

解離性遁走(とんそう)とは、過去の記憶を失い、現環境から逃げ出してしまうことを言います。「遁走」とは脱走などを意味します。

解離性遁走は人によって症状の現れる期間がバラバラです。普通は3日以内で終わることがほとんどですが、数ヶ月やある特定の期間続くことがあります。解離性遁走は解離性健忘の一種です。

解離性昏迷

解離性昏迷とは、精神に大きなショックなどのダメージを受けた時に発症する解離性障害の一種です。

意識があるのに身体が動かなくなります。

昏迷の症状は、解離性昏迷だけでなく、統合失調症やうつ病にも現れることがあります。しかし解離性昏迷の場合は昏迷の症状が突然、発症することがあります。

離人症性障害

離人症性障害とは、自分が自分の体から離れていくような感覚がある精神障害です。

20代またはそれより若いぐらいの人にかかる可能性があり、女性の方が男性と比べて2倍多いと言われています。単独で発症することはあまりなく、うつ病や強迫性障害などから併用することが多いです。

解離性運動障害

普段の運動機能が失われます。歩く、立つなどができなくなる場合があり、人の手助けがないといけなくなります。

トランス

周りの状況を認識する能力が低下します。自分で制御できない行動を繰り返したりして、今までと違う自己同一性に置き換わります。

解離性転換障害

突然意識を失ったりします。そして、声が出なくなったり、身体が思い通りに動かせなくなります。一時的な記憶障害なども起こります。

ガンザー症候群

会話に症状が現れ、受け答えがはっきりしなかったり、空気を読めない的外れな話をします。

憑依(ひょうい)障害

霊などに取り憑かれたように豹変します。

解離性障害の原因

症状によって原因は違いますが、代表的な原因を紹介します。

ストレス

過度な精神的ストレスが原因で解離性健忘になります。人によってストレスの感じ方は違いますが、日常生活、職場などでストレス環境にいる人は注意です。

心的外傷

心的外傷、トラウマになる経験をすることが原因と考えられています。例えば、レイプ、虐待、災害、戦争などの経験があげられます。

解離性障害の治療

解離性障害の治療は患者の環境を整えてあげることが重要と言われています。まずは、周りの人の解離性障害に対する理解が大切です。

症状が悪化すると、人前で症状が出ることが嫌になり、本人は社会との接点を遮断したくなりますが、遮断しないように無理のない程度で社会に触れさせてください。

薬物療法

解離性障害に有効な薬物はないと言われています。

解離性障害によって引き起こされる症状がうつ症状の場合などはSSRIなどの抗うつ薬などが使用されることがあります。

  • SSRI
    脳内のセロトニンを増やす薬です。セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分を操作したり、安定させたりするのに深く関わっています。しかし効果が出るまでに数週間かかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました