うつ病で休職。自宅療養の回復期〜7つの過ごし方〜

うつ病,自宅療養,鬱,回復期心、メンタルヘルス

自宅療養

自宅療養とは、自宅で身体を休めて回復を目的とする治療です。

自宅療養中でもどの時期にいるかで過ごし方も変わってきます。

今回は自宅療養の回復期ではどのように過ごせばいいのかを紹介します。

自宅療養の流れ

うつ病,自宅療養,鬱,回復期

初期【療養期】

自宅療養の初期では「とにかく休む」ことを目的とします。

今までの環境がうつ病の原因になっている状態なので、その環境に離れて「休めるようになる事」を目標にします。

休む事が暇に感じてくるとだいぶ余裕が出てきている証拠なので、回復に近づいています。

うつ病で休職。自宅療養の初期〜7つの自宅での過ごし方〜
休職で自宅療法、うつ病の自宅での過ごし方を6つ紹介します。大切なことは「休めるようになる事」で、焦りは禁物です。いきなりの休暇で「どうしたらいいかわからない」「仕事のことを考えてしまう」などのことを考えているだけで疲れます。ゆっくり休みましょう。

中期【回復期】

「休む」ことに慣れてきている状態で、外に出る日も増えてきて回復を実感してきます。

しかし、感情に浮き沈みがあるので油断は禁物です。

後期【リハビリ期】

復職に向けた準備に入る期間です。リワークプログラムもあります。

  • リワークプログラム
    スムーズな復職を支援するプログラムです。決まった時間に施設に通い会社通勤を想定した内容や復職後にうつ病が再発したいための心理療法も行われます。
うつ病で休職。自宅療養のリハビリ期〜6つのトレーニング〜
復職に向けて準備する機関です。リハビリ期の6つのトレーニングを紹介します。そして「復帰できる6つの状態」を紹介します。5年以内に半数は再発すると言われており、この時期では「復職をする」よりも「再発しない」事を心がけましょう。

中期【回復期】〜過ごし方〜

回復期では「ゆっくり休む」ことにだいぶ慣れてきて、うつ症状がましな時は外に出れる日もあります。

さらに休んでいることに暇だと感じている頃だと思います。

「暇」と感じている事は良くなっている証拠で、それぐらい休む事ができていると言う事です。

無理のない範囲で外出する

うつ病,自宅療養,鬱,回復期

だいぶ初期に比べて外出できる日は増えてきたと思います。

外出できそうな日は外出しましょう。しかし、初めは近場にして人混みは出来るだけ避けましょう。

「自宅よりもリラックスできる場所」を探してみることもオススメです。

無理のない程度で運動することもうつ病の改善にも役立ちます。

散歩やジムなのに行き身体を動かしましょう。

焦らない

うつ病の回復は症状が浮き沈みしながら徐々に治っていくものです。

今日は調子が良くて「友達と会って楽しく過ごせた」と思っても、次の日は疲れがドッと出て寝込んでしまうこともあります。

このような浮き沈みの期間が続くと「いつになったら復職できるの?」と焦ってしまいますが、浮き沈みはほとんどの人に起こるので焦らないようにしましょう。

音楽を聴く

普通の音楽よりかはクラシックやジャズなどの歌詞がない音楽をきくのをお勧めします。

実際には「音楽療法」などもあり音楽はうつ病に効果があるという結果が出ています。

人間は左脳で意思決定をしており、左脳を休ませて右脳を活性化させる効果があり、リラックスできます。

音楽(クラシック)がうつ病を改善する!音楽療法
音楽療法とは、音楽を聴いたり、実際に演奏したりすることによって、生理的、心理的、社会的、認知的な効果があり、身体の回復や向上を目的とした治療法です。実験結果を元に、わかりやすく簡単に音楽がうつ病を改善する事を紹介します。

生活リズムを整える

出来るだけ睡眠と覚醒のリズムを整えましょう。

夜には寝て6〜7時間の睡眠時間になるように出来るだけ寝過ぎないようにしましょう。

そして、寝起きは日光を浴びて体内時計をリセットしましょう。

食事も決まった時間に3食とりましょう。

食事はうつ病に効果という事がわかっています。

地中海式の食事がうつ病を予防?心筋梗塞、脳卒中、認知症も予防
地中海式の食事をとるとうつ病のリスクが低くなる事が調査でわかりました。自殺率も低い事がわかりました。色々な調査を紹介してわかりやすく簡単に解説します。オメガ3不飽和脂肪酸、オメガ6不飽和脂肪酸、オメガ9不飽和脂肪酸、ビタミンがうつ病と関係しています。
ブロッコリーの「スルフォラファン」がうつ病を予防する!
ブロッコリーの「スルフォラファン」と言う成分がガンの予防だけでなくうつ病にも効果があると言われています。スルフォラファンは以前から血糖値を下げる働きがあるので糖尿病やガンなどの心臓病予防に効果があるとされていたが、ストレスを和らげる精神的な効果もあることがわかりました。

SNSを利用しすぎない

療養中は時間の余裕もあり、携帯電話を触る時間がたくさんあります。

実はSNSの使用時間が長い方がメンタルに悪影響になる事がわかっています。

そして、他人の投稿と比べてしまう人は注意です。

極力、SNSの利用時間は少なくしましょう。

SNSがうつ病の原因!4つの原因、5つの調査、10の投稿の兆候
うつ病の症状に苦しむ人はSNSを活用する傾向があります。うつ病とSNSには深い関わりがある事がわかっています。「SNSとうつ病の関係の3つの調査」「SNSがうつ病になる4つの原因」「うつ病の10の投稿の特徴」を簡単にわかりやすく紹介します。

お風呂に入る

症状によってはお風呂に入れない日もあると思います。

しかし、お風呂に浸かるとうつ病を改善できるという効果があります。

お風呂に入れる時は入りましょう。

お風呂がうつ病を改善する!5つの理由とは?
お風呂に浸かる事がうつ病に効果的だとわかりました。うつ病でお風呂に入る事ができない人もいますが、お風呂を習慣化することによって改善が期待されます。実験結果を元にお風呂がうつ病を改善する理由を簡単にわかりやすく説明します。
うつ病でお風呂に入れない!どうしたら入れる?5つの対策
うつ病で「お風呂に入りたくても、入れない」という人は多いと思います。簡単にわかりやすく「入るための対処法」、「お風呂に入れない原因」、を紹介します。また、体を綺麗にする以外の効果があります。お風呂にはうつ病が改善する効果がある事がわかっています。

やりたい事をする

うつ病になりと意欲が低下して「何をしても楽しくない」「やる気が出ない」などの症状が出ます。

うつ病の症状が軽い時は「やる気」が出ることもあります。

その時はその本能に従ってそれをやってみましょう。

調子がいい時には好きな事をしてみるのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました