うつ病で休職。自宅療養のリハビリ期〜6つのトレーニング〜

自宅療養,うつ病,鬱,過ごし方,リハビリ期,トレーニング心、メンタルヘルス

自宅療養

自宅療養とは、自宅で身体を休めて回復を目的とする治療です。

自宅療養中でもどの時期にいるかで過ごし方も変わってきます。

今回はリハビリ期で、うつの症状も安定してきて復職に向けたトレーニングを紹介します。

自宅療養の流れ

自宅療養,うつ病,鬱,過ごし方,リハビリ期,トレーニング

初期【療養期】

自宅療養の初期では「とにかく休む」ことを目的とします。

今までの環境がうつ病の原因になっている状態なので、その環境に離れて「休めるようになる事」を目標にします。

休む事が暇に感じてくるとだいぶ余裕が出てきている証拠なので、回復に近づいています。

うつ病で休職。自宅療養の初期〜7つの自宅での過ごし方〜
休職で自宅療法、うつ病の自宅での過ごし方を6つ紹介します。大切なことは「休めるようになる事」で、焦りは禁物です。いきなりの休暇で「どうしたらいいかわからない」「仕事のことを考えてしまう」などのことを考えているだけで疲れます。ゆっくり休みましょう。

中期【回復期】

「休む」ことに慣れてきている状態で、外に出る日も増えてきて回復を実感してきます。

しかし、感情に浮き沈みがあるので油断は禁物です。

うつ病で休職。自宅療養の回復期〜7つの過ごし方〜
休職で自宅療法、回復期のうつ病の過ごし方を6つ紹介します。少し自宅療養に慣れてきて症状のましな日は外出できるようになってきています。「暇」と感じる事も増えてきていると思いますが良くなっている証拠です。浮き沈みが激しい時期でもあります。

後期【リハビリ期】

復職に向けた準備に入る期間です。リワークプログラムもあります。

  • リワークプログラム
    スムーズな復職を支援するプログラムです。決まった時間に施設に通い会社通勤を想定した内容や復職後にうつ病が再発したいための心理療法も行われます。

後期【リハビリ期】〜トレーニング〜

自宅療養,うつ病,鬱,過ごし方,リハビリ期,トレーニング

うつ症状の回復もだいぶ順調で、復職の準備に取り掛かります。

うつ病は再発する場合も多く、復帰から再び再発した人の割合は5年以内で約半数もの人が経験します。

「再発をしない事」を一番に考えましょう。

体力の回復

自宅療養中に低下していた体力を回復させる必要があります。

散歩、買い物、ジムなどで体を動かして出来るだけ以前の体力に近づけましょう。

最初は無理のないところから徐々に始めましょう。

集中力の回復

低下した集中力を回復させるために新聞や雑誌などを読みましょう。

好きな雑誌などから読むとスムーズにいくかもしれません。

また、図書館に行って本を読むこともオススメで週5日間続けられるとだいぶ回復しています。

ストレス解消法を見つける

復職しても今回のうつ病の発症原因に再度出くわす事があります。

その精神的なストレスと上手く付き合っていく事が出来なければ再発してしまいます。

「なぜ、うつ病になったのか」をしっかり分析し、「どのように対応していくのか」という対処法を考えておきましょう。

自宅療養,うつ病,鬱,過ごし方,リハビリ期,トレーニング

生活リズムを整える

毎日、夜には寝て朝にはしっかりと起きましょう。

6〜7時間の睡眠時間に保ち、寝すぎるのは避けましょう。

朝昼晩の3食を決まった時間に食べましょう。

復職後を推定する

休職前の生活は休職中に比べると明らかに違います。

5連勤の8時間労働は思っているよりも身体的、精神的な負担がかかりますが、これができないと復職できません。

出勤を想定して、朝は会社の最寄駅まで行き図書館などに移動して本を読んだりして集中力を使うような作業をしましょう。

昼は会社の昼休憩と同じ時に同じ時間とり、帰宅時間まで作業に戻りましょう。

リワークプログラムを受ける

復職に向けたリハビリを実施する機関で行われるプログラムです。

その人の症状によってコミュニケーションの練習、ストレスと付き合っていく練習なども用意されています。

復帰できる6つの状態

自宅療養,うつ病,鬱,過ごし方,リハビリ期,トレーニング

睡眠をコントロールできる

これらの症状がない状態です。

  • 寝不足
  • 寝起きが悪い
  • 寝付きが悪い
  • 寝ている途中に起きる

精神が安定している

気分の浮き沈みがなく精神が安定している状態です。

意欲がある

仕事を始める意欲がある状態です。

世間体から「仕事をしねいといけない」というものではなく、「そろそろ仕事したいな」といった意欲です。

体力が回復している

5連勤働ける体力にまで回復している状態です。

疲れを解消できる

仕事で精神や身体が疲れても回復させれる状態です。

自己分析

休職になった原因や再発を防ぐ為の対処法をわかっている状態です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました