なぜ女性の方が口が臭い?口臭が気になる?原因とは?

体、身体、健康

そもそも口臭とは?

口臭とは口から出る嫌な臭いです。今回は女性の方が口臭が臭いということがわかりました。

口臭の原因は色々あります。

口臭の原因

生理的口臭

健康状態、年齢などに関係なく起こる口臭です。

  • 口内の乾き
    緊張」「ストレス」「睡眠」などが原因で口の中が乾き、それが原因で口が臭くなります。
  • 歯垢
    食べかすのタンパク質を分解する時に出る臭いが原因で口が臭くなります。

飲食による口臭

  • 臭い食べ物を食べた事が原因の口臭
    「にんにく」「ニラ」などが原因で口が臭くなります。
  • アルコールの飲酒が原因の口臭
  • タバコが原因の口臭

病的口臭

治療が必要な疾患が原因の口臭です。

  • 歯周病が原因の口臭
  • 虫歯が原因の口臭
  • 舌苔(ぜったい)が原因の口臭

女性と男性の口臭のデータ

「ブレス・ハザードプロジェクト」が20〜60代の男女214人に口臭測定を実施しました。

口臭測定値

測定値 口臭との関係
0~10 全く臭くない
10~30 臭くない
30~50 ほとんど臭くない
50~59 かすかに臭く感じる
60~79 なにか臭く感じる
80~100 強い臭さを感じる
100~ 強烈な臭さを感じる

男女の口臭測定平均32.2となりました。この平均値は「ほとんど臭くない」ということになります。

人が口臭を気になり出すのは「50以上」と言われております。

50以上の人は全体の13.1%いる事が分かり、8人1人が50以上という結果になりました。

「若年層」→  20~30代

「中高齢層」→  40~60代

これらの結果から分かる事

  • 男性よりも女性の方が口臭が強い
  • 男性の40~60代より、20~30代の女性の方が口臭が強い
  • 20~30代の女性の10人に1人以上が口臭が強い
  • 40~60代女性の4人に1人が口臭が強い

なぜ女性の方が口臭が強いか?

女性はホルモンの変化が男性よりもあり、ホルモンと唾液腺は密接に関係していると言われています。

ホルモンの分泌量が弱まると唾液の分泌量も変動します。

また、女性の方が歯周病のリスクが高いです。

女性の口臭が臭くなる時期

生理期間

女性の体は、ホルモンバランスの変化によって、卵胞期、排卵期、黄体期、月経の4つの周期があります。

女性の周囲は、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが多く分泌され、その後にホルモンが低下することによりホルモンバランスが乱れます

生理期間中、女性ホルモンの分泌が最も少なくなり、唾液の量も減ります。また、この時期は歯ぐきが腫れやすくなります。

これらが原因で口臭が臭くなります。

妊娠

妊娠期間中はホルモンの分泌量が通常より10〜100倍になります。

エストロゲンやプロゲステロンなどの分泌が多くなるのですがエストロゲンは歯周病を増幅させる可能性があります。

この歯周病が原因で口臭が臭くなります。

更年期

更年期には女性ホルモンが一気に減少します。その女性ホルモンの減少に伴い、唾液の分泌も減ります。

また、歯周組織も変化し、歯周病症状が悪化します。

これらが原因で口臭が臭くなります。

思春期

思春期には女性ホルモンが一気に上がります。ホルモンの変化が原因で歯周病を増幅させる可能性があります。

口臭のケア(対処法)

歯を磨く

食事のたびに歯を磨きましょう。磨き残しがあるとそれが原因で歯周病になります。

噛んで食事をする

噛むことは唾液の分泌を促します。食事の時はもちろんのことガムを噛むことも効果的です。

舌のケア

舌が白くなっているのが舌苔(ぜったい)というもので口臭の原因になります。

舌ブラシなどで舌苔を落としましょう。舌は傷つきやすいので優しくブラッシングしましょう。

水分をとる

水分はこまめにとりましょう。特に朝一番は口が乾いているので寝起きに一杯水分をとりましょう。

アルコールは口の渇きにつながるので控えましょう。

朝ごはんを食べる

晩御飯を食べた後、次に食事をとるまでの時間はかなり空いており、朝起きるとお腹は空腹状態です。

空腹状態が長くなると唾液の分泌が減少し、それが口臭の原因にあります。なので朝食はとりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました