大人でもなる発達障害のADHD(注意欠如・多動症)

体、身体、健康

ADHD(注意欠如・多動症)とは?

ADHD(注意欠如・多動症)とは、発達障害の一種で集中力が続かないことや、じっとしていられない、考える前に行動してしまうといった症状が特徴の障害です。

昔は生まれつきの脳の異常から生じる障害と考えられており、年齢とともに落ち着くと思われていましたが、近年では大人になっても症状が続いていたり、大人になってから症状に気付くこともあります。

女性より男性の方がADHDになりやすく、子供は約5%、成人は2.5%の可能性でADHDになると言われています。

ADHD(注意欠如・多動症)の症状

大きくわけて3つの症状に分かれています。

不注意

  • 集中できない
  • すぐ違うことに気が散ってしまう
  • 忘れ物が多い
  • 好きなことに熱中しすぎてしまい、自分の世界に入ってしまう
  • 忍耐力がない
  • 整理整頓ができない
  • 時間にルーズ
  • 約束を破る、期限を守れない
  • うわの空のような印象を与えてしまう
  • ケアレスミスをよくする
  • 物をどこかに置き忘れる
  • 物をよくなくす

不注意のタイプはこれらの症状が現れます。

多動性・衝動性

多動性

  • 動いていないと落ち着かない
  • 本を読んだりなどの静かにすることができない
  • 貧乏ゆすりをする
  • 落ち着いた会話ができない
  • レストランなどで座って食事ができない
  • 独り言などが多い

衝動性

  • 思ったことをすぐに言ってしまう
  • 考える前に行動をしてしまう
  • 人の話を聞かない
  • 列に並べない
  • 衝動で欲しいものをすぐに買ってしまう
  • 他人のものを勝手に使う
  • 指名されていないのに答えてしまう

多動性・衝動性のタイプはこれらの症状が現れます。

混合

混合のタイプは不注意、多動性、衝動性が混ざった症状が現れます。

他の発達障害と併発

ADHDの人は他の発達障害も併発している可能性があります。

  • 学習障害
    知的発達に他の人と遅れはなく、「聞く」「話す」「書く」「読む」「計算する」能力が困難が生じる状態です。
  • 自閉スペクトラム症
    他人とのコミュニケーションが苦手で、自分の趣味、関心、やり方に強いこだわりがありそれを優先させるのが特徴です。

ADHD(注意欠如・多動症)の原因

環境要因

低体重で生まれる子供や母親が妊娠中に喫煙をしていたなどが原因と考えられています。

遺伝子要因

親がADHDなら子供にADHDが遺伝すると考えられています。

性格

自分にとって「新しいことをする」ということに抵抗がなく、すぐに新しいものに飛びつく性格の人はADHDになりやすいと考えられています。

ADHD(注意欠如・多動症)の治療

薬物療法

ADHDを根本的に治す薬はありません。ADHDは脳の異常で起こる障害なので症状の緩和を目的として使用されます。

精神刺激薬(コンサータ)非精神刺激薬(ストラテラ)がよく使われます。

  • 精神刺激薬(コンサータ)
    主に脳内のドーパミンの働きを強める効果があり、集中力の無さ、じっとしていられない、考える前に行動してしまうなどの症状を緩和してくれる効果が期待されます。
  • 非精神刺激薬(ストラテラ)
    主にノルアドレナリンの働きを強める効果があり、集中力の無さ、意欲の無さなどの症状を緩和してくれる効果が期待されます。

精神療法

カウンセリングなどでカウンセラーと自分でADHDに対してどのように対処していくか考えていくことや、ペアレントトレーニングペアレントプログラムなどによって保護者がADHDの接し方を学ぶものがあります。

また、発達障害者支援センターなどに相談することもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました