心、メンタルヘルス

買い物依存症(ネットショッピング依存症)のチェック!症状、原因、対処、治療

買い物依存症とは、自分の必要でない物まで過剰に買い物をしてしまうことです。オンラインショッピングの普及により買い物依存症の人は増えています。簡単にわかりやすく解説します。女性の方が買い物依存症になりやすく、ストレスが原因で衝動買いをしてしまいませんか?
体、身体、健康

ブロッコリーの「スルフォラファン」がうつ病を予防する!

ブロッコリーの「スルフォラファン」と言う成分がガンの予防だけでなくうつ病にも効果があると言われています。スルフォラファンは以前から血糖値を下げる働きがあるので糖尿病やガンなどの心臓病予防に効果があるとされていたが、ストレスを和らげる精神的な効果もあることがわかりました。
体、身体、健康

5〜10人に1人がチック障害になる!症状、原因、治療法、対処法

自分の意思とは関係なしに突然、まばたきや咳払い、奇声などが繰り返してしまう障害です。簡単にわかりやすく紹介します。動作と音声のチックが複雑に症状に現れ、1年以上続く場合は「トゥレット症候群」と呼び名が変わり、大人になっても症状が残ることもあります。
心、メンタルヘルス

5人に1人の繊細で敏感なHSPを診断!症状、原因、対処法

HSPはHighly Sensitive Personの略で直訳すると「とても繊細な人」となります。普通の人よりも繊細で敏感に反応してしまう特徴があります。日本に限らず世界のどの国でも5人に1人がHSPだと言われています。
体、身体、健康

人口の100人に1人が流暢に話せない吃音症になります。

流暢に話す事ができない、スムーズに言葉が出ないなどの障害です。人口の100人に1人が吃音症と言われており、子供の場合は100人に5〜8人に発症すると言われています。大人になっても吃音症が残る可能性があります。簡単にわかりやすく原因、症状、治療法を紹介します。
体、身体、健康

100人に1人が知的能力障害(知的障害)の原因、症状、治療法

生まれながらにして知能が健常者と比べて標準以下で、コミュニケーション、行動、学習に困難が生じる障害です。簡単にわかりやすく原因、症状、治療法を紹介します。女性より男性の方が多く、人口の1%の人が知的能力障害と言われています。
体、身体、健康

協調運動に障害の発達性協調運動障害(DCD)、その原因、症状、治療法

全体的な知能の遅れや、協調運動に困難がある障害です。簡単にわかりやすく解決します。子供の約5〜10%は発達性協調運動障害と言われており、女性より男性は2倍以上、発達性協調運動障害になる可能性が多いです。感覚統合療法の治療法の解説します。
体、身体、健康

大人でもなる発達障害のADHD(注意欠如・多動症)

集中力が続かないことや、じっとしていられない、考える前に行動してしまうといった症状が特徴の障害です。原因、症状、治療法を簡単にわかりやすく紹介します。女性より男性の方がADHDになりやすく、子供は約5%、成人は2.5%の可能性でADHDになると言われています。
人間関係

対人関係(コミュニケーション)が上手くいかない自閉スペクトラム症(発達障害)

他人とのコミュニケーションが苦手で、自分の趣味、関心、やり方に強いこだわりがありそれを優先させるのが特徴です。原因、症状、治療法を紹介します。1.46%の人が自閉スペクトラム症だと言われており日本では180万人以上いると考えられています。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害などが一つに統合されて自閉スペクトラム症と呼ばれます。
体、身体、健康

5〜15%の子供に学習障害(発達障害)!?その原因、症状、接し方

知的発達に他の人と遅れはなく、「聞く」「話す」「書く」「読む」「計算する」能力が困難が生じる状態です。5〜15%の子供になる可能性があり、男性の方が女性よりも2倍以上、学習障害になります。読字障害、書字表出障害、算数障害の3つのタイプに別れています。
タイトルとURLをコピーしました